合格体験記

合格体験記

私立中学受験専科 2021年度合格体験記

天木 心音さん   
合格校 南山中学女子部 滝中学 
 
南山中学女子部の合格発表の日。おそるおそる開けた封筒の中には、「合格通知書」の5文字が!「やったー!」私は思わず声をあげてしまいました。親など周りの人からずっと「難しい中学」と言われていた南山女子。過去問では合格点をとれていたものの、合格できたことは、すごく嬉しかったです。試験直前には社会や理科の何度やってもよく分からなくなってしまう部分を「替え歌勉強法」で覚えました。また算数のケアレスミスの対策として、基本的な問題を早く正確に解く練習をしました。そのおかげか、試験の時は落ち着いて問題を解くことができました。私がここまで頑張ってこれたのは、共に勉強した仲間と先生方、そして家族がいたからだと思います。共に学んだ仲間は、いつも自分の支えでした。また、楽しく分かりやすい授業をして下さり、受験前日も励ましの言葉をかけて下さった先生方、本当にありがとうございました。
 後輩の皆さん、あきらめずに合格という夢に向かって頑張って下さい。


新海 璃空くん   
合格校 南山中学男子部 愛知中学  

合格通知を手にした瞬間の感想は、気が狂いそうになるぐらいうれしかったです。山王学院の先生は、質問をしたら、すぐに分かりやすく教えてくれて、体調についても心配してくれました。僕がやって良かったなと思うのが、地図帳や教科書の音読です。何度も教科書や地図帳を読むことで社会ができるようになりました。山王学院で良かった点は授業と自分での学習を両立できるようにしている点です。勉強を頑張ることができた理由は、目標に向かって頑張った後の姿を想像し、実際に実現しようという気持ちを自分で高め、やる気をアップさせたからです。

中学部 2021年度合格体験記

旭丘高校 合格
土屋和葉さん

私は第一志望である旭丘高校に合格することができました。今年はコロナの影響で夏休みは例年の半分以下になり、受験生という実感がなかなか持てずモチベーションを保つことが大変でした。
ですが、学習グループのみんなの学習時間を知り、「あの子も頑張っている」ということを知ったことでやる気を出すことができました。SHクラスでは山王でもレベルの高い人達と難関私立問題を解いたことで難しい問題、私立独特の個性が強い問題を見てもそこまで苦手意識を持つことなく、落ち着いて問題に取り組むことができ、試験当日も冷静に判断して試験を受けることができました。また、目標を高くして勉強をしたことも合格できた理由の1つだと思います。私は「山王模試は1位、最低でも5位以内」「定期テスト・実力テストは1位、最低でも2位」と少し高めの目標を立て、それを「必ず達成する」という気持ちを持って取り組んだことで、確実に力をつけていきました。最後に、私は受験を通して両親に感謝しました。塾の授業料を出してくれたり、送迎をしてくれたりしました。勉強に集中できたのは親のおかげです。「親のためにも合格するぞ」と親孝行をする気持ちで取り組みました。そのおかげで確実に合格に近づけたと思います。

旭丘高校 合格
田中嵩人くん

このたび僕は旭丘高校に合格することができました。これまでのがんばりが実を結んだようでうれしいです。これも山王学院でたくさん勉強したおかげです。本当にありがとうございました。
山王学院でのイベントとして記憶に残っているのは、夏期講習です。初めて予定表を見たときはとても驚きました。ほぼ毎日授業があって、案の定、夏休みは勉強漬けでした。次の授業の予習をし、塾で授業を受け、その復習をする。この3つを継続してやることは大変でしたが、楽しい夏でもありました。その理由は努力の中で自分に力がつき、自分が成長できたからです。2020年の夏は新型コロナウイルスの影響で例年のように合宿に行くことはできませんでしたが、充実した夏だったと思います。これからがんばるみなさんも、努力することは自分の力となり、自信になるのでめげずに努力してください。
 僕が山王学院から学んだことは、勉強の楽しさと楽しむことの必要性です。先生のギャグをまぜた授業はとてもおもしろく、とても楽しい時間でした。おかげで社会の勉強もはかどりました。何ごとも楽しめば頭に入るし、苦ではないと思います。みなさんも暗記の仕方におもしろさを足してがんばってみてください。

明和高校 合格
松浦心結さん

私は山王学院に3年生から通いました。私はそれまで自分では割と勉強をしっかりやっていて、得意な方だと思っていました。しかし、塾にいる人たちはその何倍もの量や時間をやっていたり、確認テストや模擬テストで毎回高得点を取っていたりして自分の努力がまだまだ足りていないと気づくことができました。何時間も勉強することは大変だ、嫌だなと感じることもありました。でも学Gのみんなのことを想うことで頑張ることができました。私が特に印象に残っているのではスーパーハイレベルクラスの授業です。問題はとても難しくて大変だったけど、自分に力がついていくのを感じられてやって良かったと思いました。私が山王学院の勝利の方程式の中で一番意識していたのは、「普通では無理と思うような目標を期限付きで具体的に掲げる」です。計画を立てることをほとんどしてこなかった私にとってこれを実践することは難しかったですが、実行できた時はテストで良い結果を残すことができました。計画を立てて勉強することの大切さを改めて知ることができました。高校に合格できて本当に嬉しかったです。頑張って良かったです。高校でも山王学院で学んだことを武器に頑張っていきたいと思います。

瑞陵高校 合格
近藤千聖さん

私が第一志望であった瑞陵高校に合格することができたのは学Gのメンバーをはじめ、塾の仲間がいたからこそだと思っています。一人で取り組んでいたら投げ出してしまうようなことも、そんな人たちがいたから1人じゃない、みんながいる。みんなが頑張っている。ということを感じられ、自分も頑張ろう。と思うことができました。仲間の力は偉大です。ですが、受験当日は一人きりです。自分の支えになるのは今までの勉強の量に加え、内申です。内申は最後まで自分の味方でいてくれます。実際、私は内申に助けられた部分があります(笑)。中1・2の学習と違い内申だけは、中3の1年間で完璧に自分のものにすることが可能です。本番の自分に味方を作ると思って、定期テストに全力で取り組んでください。また、全県模試の結果に一喜一憂せずただの結果として捉えて、それをバネとして勉強に取り組んでください。自分の行きたい高校があるなら、諦めないでください。私は、最後の全県模試で55%を出しました。私立入試を目前に私は多くの人に心配され、正直自分の進路に希望が見えなかったです。だけど、何故自分ができなかったのかなど徹底的に復習して、自分の苦手な分野をつぶしていくことで合格することができました!復習は本当に大事です。復習は疎かにせずがんばってください。応援しています。

向陽高校 合格
中村駿介くん

僕は夏期講習と冬期講習でSanno EduTechを使いながら予習・復習を行い、知識をしっかり定着できました。また、間違えた問題と解説を書き込んだ復習ノートを作成することで入試対応力をつけることができました。学Gの子たちと学習時間を競い合うことで、日々の勉強を大切にすることができました。そのおかげもあって僕の中学校では他の子と比べて圧倒的な勉強時間の差をつけることができました。そして、僕はTestivalでインスパイア宣言をしました。そこで僕はみんなを超えることを約束し、勉強のモチベーションを高めることができました。また、山王学院の教材の一つである「トリプルS」にとても助けられました。歴史の年号や出来事の流れを3年生の最初は全然覚えていませんでした。しかし、トリプルSを通して時代の流れを完璧にとらえることができるようになり、入試でも戦うことができました。社会科の高橋先生はギャグも織り交ぜて教えてくれてとても覚えやすかったです。山王模試に向けて定期テストの勉強を1ヶ月前から始めることができ、良い結果を定期テストで残すことができました。勝利の方程式第4条「『普通では無理』と思うような高い目標を『期限付き』で『具体的に掲げ』地道な努力を決してやめずに続けること」の通り、志望校を桜台高校から向陽高校に変えることで、以前の自分より著しい成長をすることができました。

向陽高校 合格
中村秀弥くん

僕は中2の冬から山王に入りました。山王にいることで、勉強面だけでなく、人間としても成長できたと思っています。
勉強面では、学習グループがとてもよい取り組みだったと思います。中3になり、難しく厳しいものである受験勉強が始まっても、同じグループの仲間たちと協力しあったり、競いあったりしていくことで、勉強を頑張ることができました。冬期講習中にほぼ毎日自修室に通い、仲間たちと勉強に励んだのはよい思い出です。
勉強以外の面では、勝利の方程式や、BIG CHANGE CLUBでの活動などで、人として成長しようと努力しました。Testivalのインスパイア宣言で、しっかり自分の思いを伝えることができてよかったです。山王学院での経験が、第一志望校合格へのバネの一つになったと思っています。ありがとうございました!

半田高校 合格
伊藤春騎くん

私が高校受験を通して、一番大切だと思ったことは、最後まで諦めずに自分を信じることの大切さです。僕は志望校を最終決定日の2日前に変更したのですが、友達からは、「厳しいんじゃない?」などといわれたこともあったけど、ほぼ毎日自習室に通い、平日は6~7時間、休日は10時間以上は勉強するようにしていました。そして、合格を勝ち取ることができました。受験で一番役に立ったのは、自習室の存在です。僕は、家では全く集中できず、すぐにスマホを触ってしまうのですが、自習室に行くと、勉強しないといけないと感じ、集中することができました。また、学習グループの存在が大きかったです。みんなと勉強時間を共有することで、意識が高まっていったと思います。僕の学習グループのリーダーは、バケモノのような集中力で勉強時間がとんでもない量の人がいるのですが、その人を見習って努力をすることで、モチベーションもあげていくことができました。しかし、一番感謝をしているのは両親です。家のことから、塾の送り迎えなどを手伝ってくれた親には、感謝しかありません。最後に、これからの3年生には、受験勉強だけでなく、定期テストの勉強も頑張ってください。僕は、内申がなくて苦労したので内申を見くびらずに頑張ってください。

半田高校 合格
鈴木雪乃さん

第1志望の高校に合格することができて本当に嬉しいです。私が半田高校に合格することが出来たのは周りの助けがあったからです。今までどんな時もずっと支えてくれた親、毎日一緒に自習に通ってくれた友達、最後まで熱心に指導してくださった山王の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。山王には高め合える仲間がたくさんいて、頑張っている友達を見て、いつも刺激をもらうことが出来ました。1人で頑張り続けるのは難しいけど、一緒に頑張ってくれた友達がいたおかげで努力を継続できたと思います。テストの結果や通知表を見て、不安になったり、くじけそうになったこともたくさんあったけど、絶対に半田高校に行きたいっていう気持ちは変わらなかったから、目標を下げずに頑張ることが出来ました。入試当日は今まで努力してきたから、これでもし落ちても悔いが残らないように出しきろうと思ってやりました。山王では中3になると志望校のクラスに分かれて、違う校舎の人と一緒に授業を受けることもあります。そういう状況も自分にとってすごく良い刺激になったと思います。後輩のみなさん、絶対に合格するという強い意志を持って、周りへの感謝を忘れずに頑張ってください!今まで本当にありがとうございました。

半田高校 合格
兼井連く

僕は中3の春休みに受験生という実感がまだわいておらず、勉強時間も量も少なくみんなと差がついてしまいました。 そんな自分がここまで努力することができたのは「Big Change Club」のおかげだと思います。「勝利の方程式五カ条」を意識することができ、他のメンバーも熱い思いを持った人ばかりで、「自分もやらないといけない」と思うようになり、あいさつをしっかりしたり、塾の自習にも、積極的に行くことで、今までよりも勉強時間とノートページ数が圧倒的に増えました。 またテスティバルのインスパイア宣言では、他校舎の人の勉強に対する意識や、境遇を聞いたり、自分も同じBigChangeの仲間と宣言をしたことで、勉強に対する意欲が更に高まりました。そして僕が半田高校に合格できたのは、友達の存在が大きかったからでもあります。僕は、この一年間、思うような結果を出せずに何度もあきらめてしまいそうになってしまいました。しかし友達が「絶対一緒に合格しよう」と励ましてくれました。また先生方もなかなか結果を出せずにいた自分を全力でサポートしてくださり、「友達や先生の為にも絶対に合格したい」という利他の精神が芽生えました。合格発表で自分の番号を見つけた時はとてもうれしかったし、先生に電話で合格を伝えることができた時は先生に恩返しができて本当によかったと思いました。これからの受験生には「この人の為ならがんばれる」という人を見つけて欲しいし、そう思われる人になって欲しいです。3年間本当にありがとうございました!!

半田高校 合格
濵田心優さん

私は小学6年生からこの塾に通い始めました。初めは 不安なことばかりで勉強も大変でしたがすぐに慣れました。初めて山王模試にランクインできたときは喜びでいっぱいで、これからも勉強をがんばろうという気持ちになりました。中学生では覚えることも増え、定期テストもあり小学校とは違う勉強が始まりました。塾では先取り授業で先に学んでいるので学校での授業は苦ではありませんでした。定期テストのときには対策をしてくれ、プリントも作ってくれたので勉強をがんばることができ、良い成績も残すことができました。本当に感謝しかありません。中学3年生になると受験への意識も高まり家でもたくさん勉強するようになりました。学グルという勉強のグループで目標を立て1日10時間以上というレベルが高い目標も学グルの仲間ではげまし合ったり勉強も教え合ったりして達成することができました。わからない問題は先生方に質問しわかるようになると、とてもスッキリした気持ちになりました。わかりやすく教えて下さるので理解しやすかったです。TESTIVALという入試の練習では自分の力を試すことができ、志望校まであと何点必要かが出てとても良い経験になりました。私が第一志望校に合格できたのは、支えて下さった先生方、はげまし合った友達、そして毎日支えてくれた家族のおかげです。本当に感謝しています。改めて、この塾に入り勉強することができてよかったです。ありがとうございました。

半田高校 合格
本勝美紗稀さん

私は半田高校に合格できて、とてもうれしいです。私が山王学院に入って一番印象に残っていることはV特訓です。私はスーパーハイレベルクラスに入りました。周りは自分よりも成績もよく、勉強時間も多かったため、自分はみんなに追いつけるように頑張らないと、と良い刺激を受けました。また、宿題や授業の内容が難しく逃げ出したくなるときもありましたが、クラスのみんなは自分よりももっと努力していると思うと勉強から逃げることなく高い目標に向かって努力することができ、自分も何か仲間に良い刺激が与えられるように行動したいと思いました。1人は乗り越えられなかった苦しいことは、良き仲間であり良きライバルと教え合い競い合うことで、自分も仲間も成長することができたと思います。山王学院に入って仲間の大切さを知ることができました。半田高校に合格することができたのは山王学院の仲間や、一生懸命指導してくださった先生方のおかげだと思っています。本当に感謝しています。ありがとうございました。

半田高校 合格
伊藤綺花さん

半田高校に合格することができてとても嬉しいです。受験を終えて振り返ってみると、合格できたのは山王学院で一緒に合格を目指して頑張る仲間や、サポートしてくれる先生に出会えたからだと思います。
私は夏になっても受験生としての意識が芽生えず、2学期の期末では大きく順位をおとしてしまいました。自信がなくなり中1からずっと目指してきた半田高校をあきらめようと も思いました。そんなとき塾の先生が話を聞いてくれて、自分なりの勉強法を見つけることができました。また、インスパイア宣言で一緒に舞台に立った2人の友達が「この3人で半田高校に合格します!」と言ったのを聞いて私も頑張らなければという気持ちになれ、勉強時間もノートのページ数も増えました。その結果、学年末ではトップ10に入ることができました。あきらめずに頑張って良かったです。
何度も不安になり自信を無くすことがありましたが、塾の先生や友達が支えてくれたおかげで第一志望に合格することができました。本当に感謝しています。

半田高校 合格
稲田帆美さん

半田高校に合格をすることができてとてもうれしいです。無事に叔父、兄達が通っていた憧れの高校に行けると決まりました。今までこの日のために毎日一生懸命に勉強してきました。山王学院に入塾したのは中3の夏期講習でしたが、そこからV特訓やテスティバル、山王模試、全県模試などに参加し、自分の実力や周りとの差を実感して、より勉強に力を入れました。特に同じ高校を目指す2人と、スーパーハイレベルクラスで4ヵ月間学んだことが一番心に残っています。そこでは各学校のトップ10の人達が多く集まり、学習する内容も難しく、勉強時間が格段に違う人のクラスでした。その中でレベルの違いを痛感し「やめたいな」と思うことも多々あり、とても苦しかったです。でも、同じ高校を目指す2人と一緒に3人で絶対合格しようと決め、必死に勉強をし、最後まであきらめずに頑張ることが出来ました。
この受験を通して、山王学院で勉強したことを通して、つらいこと、苦しいことも誰かと切差琢磨することでお互い負けないよう努力が出来ること、先生の多大な協力があること、自分だけではない他の人のためにも頑張れることを学ぶことが出来ました。高校受験はこれからのスタートなので、これからもあきらめず、自分の目標に向かって努力をしていきたいです。自分の周りの人を信じ、支えや思いを無駄にしないように頑張ります! 山王学院の先生方、皆さん、ありがとうございました。

半田高校 合格
田中敦貴くん

中学3年9月頃に入塾しました。私は夏期講習を受けていないので、入塾した頃は塾のスピードについていけるかとても心配でしたが、先生方のフォローもありしだいについていけるようになりました。
 9月から始まったV特訓では普段の学校や塾で学ぶことができないような知識を学ぶことができました。また。初めて他校の生徒と授業を受けたおかげで「もっと勉強しないと」と思うことができました。 12月にあったテスティバルでは、今の自分の実力や自分がどこらへんにいるのかを明確に知ることができました。また、テスト後にある仲間へのメッセージやインスパイア宣言を通して、改めて利他の精神や団結力の大切さを感じました。テスティバルは自分の心を変化させてくれたとても良いイベントになりました!私は塾に通う中で2つのことを大切にしてきました。1つ目は先生の話を良く聞くことです。2つ目は利他の精神を大切にすることです。自分が合格して家族を喜ばせようという気持ちを持っていました。
 乙川校のみんなへ受験応援のメッセージありがとう。とても心に響きました。みんななら必ず第一志望の高校へ行けると思います。

半田高校 合格
神谷康太くん

僕は中学校3年生の時に山王学院に通い始めました。最初は結構分からないことだらけで、慣れるのに大変でした。でも、学校の友達などに教えてもらい、少しずつ安心して勉強できるようになりました。入塾してから5ヶ月後の12月くらいの時期、自分がとても苦しいと感じる時がありました。勉強すればする程、苦しさは増していき、勉強から目を背けようと思ったことさえありました。そんな時、自分の一番心の支えになったのが友達でした。学校や塾などで気軽に話したり、一緒に勉強したりすることで、自分がリラックスでき、自然と勉強に向き合えるようになりました。また、学Gなどで誰かが頑張っていると「自分も頑張ろう」と思えるようになりました。
そこから1ヶ月くらいでスランプから抜け出し、友達のおかげもあって勉強のモチベーションを保つことが出来ました。無事志望校に合格することができましたが、今思えば友達の存在がなければ勉強を継続できなかったと思います。
もちろん山王学院にもとてもお世話になりました。1年間という短い期間でも、受験対策の良い問題にたくさん取り組めたし、私立対策でもすごい人たちだらけのところに身を置かせてもらってすごく自分のためになりました。入塾して良かったなと思っています。最後に、僕は半田高校に入学することが小学生からの目標で強い意志を持っていました。なので皆さんも、絶対に譲りたくない目標を掲げて、笑顔で卒業できる日を目指して頑張ってください!

半田高校 合格
清家僚真くん

第一志望校に合格することができ、とてもうれしいです。僕はこの受験期に努力を絶やさないことを意識してきました。定期テストは特に意識を高く取り組みました。早い段階から準備をし、1・2年生に比べよい結果を出すことができました。努力を続けることによって僕が学んだことは「自分に自信を持つこと」です。自分を信じることは心の余裕につながったり、強い心持ちで臨むことができたり、きっと良い結果につながると思います。ですが、自信をつけるためには十分な備えも必要だと思いました。これから先、様々な挑戦があっても自分に厳しく、力強く進んでいきたいです。
 僕達の年は、コロナウイルスの影響でオンラインの授業や時間集計を行いました。時間集計では学グルのみんなから本当に刺激をもらい。学習時間を伸ばす大きなきっかけとなりました。私立受験前では他のグループと差をつけ、チーム内で高めあえました。また、人のために努力するという考え方も知りました。自分だけではなく、周りにより良い影響を与えられるような存在になれるよう日々意識の高い生活を心がけていきたいです。
 対策講座や多くの機会を通してたくさんの学びをくださった山王学院の先生方、様々な面で日々力を貸してくれた両親、ともに勉強に励んでくれた友達など、たくさんの人に支えられた1年でした。これからも感謝の気持ちを忘れず、伝えられる人でありたいです。

半田高校 合格
田中智大くん

僕は小学校6年生の冬期講習の時に入塾しました。最初は塾がどういう場所かあまり分かりませんでしたが、知っている人も多く、また先生方が楽しく授業をしてくださったおかげで安心して通塾することができました。
僕が半田高校を目指し始めたのは3年生の夏頃でした。今から1年前に僕も先輩方の合格体験記を聞いて「自分にもできるかもしれない」と思い、3年生になってからは今までよりも勉強を頑張りました。その結果、定期テストでは今までで一番良い順位を取ることができました。また、内申点もかなり上がっていてとても驚きました。当時は別の高校を志望していましたが、「内申点も上がったし、半田高校にしてみるか」と軽い気持ちで半田高校に志望校を変更しました。しかし、僕にとって半田高校はそんなに簡単ではありませんでした。1・2年生の頃の復習が足りず、1・2年生の範囲の内容を全然理解していなかったからです。僕は数学と理科が苦手だったので、その2科目を重点的に勉強しました。最初は結果が出なかったですが、勉強を続けていくうちに、一歩一歩自分の学力が向上していくことを感じました。そして努力を続けた結果、半田高校に合格することができました。きっと1年前の自分には想像もできなかったと思います。成績は3年生が一番重要ですが、1・2年生の時からも復習を絶対にしておいた方が良いと思います。していないと3年生になった時絶対苦しみます。1・2年生はまだまだ復習するチャンスがあると思います。努力すればまだまだ上の志望校を狙うことができると思います。頑張ってください。

半田高校 合格
三石桔平くん

僕が第一志望校に合格できたのは、山王の先生方のおかげです。僕は英語が苦手だったのですが、先生が長文を熱心に指導してくださったおかげで、入試では高得点をとることができました。夏から本格的に受験勉強が始まり、1日9時間以上を学習グループで絶対にやると決めて勉強したのはいい思い出です。
 僕は最初の全県模試では合格判定が非常に低い結果でした。しかし、しっかりと基礎から理解したおかがで、合格率が約9割までもってくることができました。また内申も中2のときから8つ上がりました。僕にとってはすごいことだなと思っています。今、志望校の合格率が低くてもがんばれば、だれでも第一志望に合格できます。努力を怠らずに、日々の積み重ねを意識して、がんばってください。高校では得意である英語・数学をしっかりと勉強し、大学受験で有利になるようにしたいです。

半田高校 合格
籾山華凛さん

私は最初、あまり勉強に向き合えていませんでした。しかし、BIG CHANGE CLUBに入ってから、まわりのみんながすべてのことに対して真剣に向き合って、挑戦している姿を見てたくさん刺激を受けました。また、夏期講習、冬期講習では復習を丁寧にすることで内容が理解でき、入試前もあせらずに勉強に取り組むことができました。
また、勉強に前向きになれなかったときに、まわりの仲間が「一緒に頑張ろう!」など声をかけてくれて、また気持ちを持ち直すことができました。ゲームなどに気をとられてしまうこともあったけれど、いつでも私のことを支え、励ましてくれる家族や仲間のおかげで、合格することができました。ここからが、またスタートなのでこれからも頑張りたいです。

半田高校 合格
森下莉々彩さん

私は2年生の冬期講習から山王に入りました。はじめは頭のいい子ばっかりでついていけるのかなと不安が大きかったですが皆、優しくて、努力家で勉強を楽しくできました。
半田高校を受けようと決心したのも勝利の方程式を守り頑張っている仲間に感化されたからです。勉強しても、しても成績がついてこずレベルを落とそうか悩みましたがそのときにはいつも先生、仲間が励ましてくれ最後まで諦めずにいることができました。
合格したからいえることですが、本当に今勉強を頑張っている人は諦めないでほしいです!!泣いたり、落ち込んだりしてもいいからとにかく自分を信じて進んでいってください。何ごとも積み重ねが大事だなと非常に思います。悔いのないよう努力して自分の思い描く夢をつかみとってくださいね!受験前のビデオメッセージや応援メッセージボードにも、とっても励まされました。ありがとうございました!

半田高校 合格
平永華蓮さん

私が半田高校に合格できたのは友達・家族・先生方の支えがあったからだと思います。私は休校期間中、なかなか受験生という意識をもてずにずるずると夏休みを迎えてしまいました。しかし、その夏期講習を通して受験生としての意識を持ち勉強に集中できるようになりました。特に学習グループではグループのメンバーが初日から圧倒的に勉強してきたのをみて「これではいけない」と思いグループでたてた目標である毎日11時間以上勉強するという目標を達成できました。そのようなきっかけくれたグループメンバーにとても感謝しています。それ以外にも学G内には教えあいの時間があり、その問題の解決だけでなくグループの子と仲良くなれ、授業外でも教えあいをしやすい環境がうまれました。同じように冬期講習では13時間以上の勉強量を達成するために何をすべきかを考える習慣がついてきました。両講習ともに本当に大変でしたが乗り越え最大限の努力ができたのはグループメンバーのおかげです。もちろん受験までの間不安や葛藤もありました。その時にはよりそって話を聞いてくれる家族や共有してくれる仲間、分からないところがあるときは遅くまで残って質問対応をしてくれる先生がいました。たくさんの人々に支えられて私は受験を乗り越えられました。そのことを忘れず、少しずつでもその人たちに返していけるよう高校でも最大限の努力をしてがんばっていきたいです。最後に私は夏期・冬期で最大限の努力ができたので当日落ち着いて自信をもってうけることができました。これから受験を迎えるみなさん、そう思えるよう自分の限界を決めず精いっぱい頑張ってください。


半田高校 合格
前田知輝くん

僕は半田高校に合格することが出来ました。とても嬉しい気持ちです。僕が半田高校に合格できた理由は二つあったと思います。一つ目は「利他の精神」を持って物事に取り組めたことです。勉強がとても大変だったときも学習グループの仲間と切磋琢磨しながら勉強に対するやる気を上げ、自分自身を高めることが出来ました。また12月に行われたTestivalでのインスパイア宣言では他の校舎の人も努力していることを知り、自分もがんばらなくてはいけないとやる気が入りました。二つ目は山王学院でいろいろなことを教えてもらったことです。勉強のことだけでなく様々なことについて教えてもらったので人間としても成長できたと思います。今年度はコロナ禍で色々大変なことも多かったですが、山王学院で一年間がんばってきたことで合格を勝ち取ることが出来たと思います。本当にありがとうございました。

半田高校 合格
竹味拓来くん

僕が、半田高校に合格できたのは、仲間の存在があったからだと思います。学習グループの他のメンバーは時間だけでなく、勉強の質もすごく、同じ時間でも内容が詰まっていました。そこから多くの刺激を受けて、もっと頑張ろうと思うことができました。そして、グループの仲間と一緒に励ましあいながらやり切りました。また、冬にあったTestivalでは、自分の志望校合格への距離を測ることができ、改善点などをはっきりさせることができました。Testivalの中で行われたインスパイア宣言ではいろいろな校舎の仲間たちから元気をもらい、再び頑張ろうと思うことができました。
自分が合格することができたのは、仲間や周りの人たちのおかげだと思います。今まで本当にありがとうございました。

半田高校 合格
夏目拓くん

合格というものは仲間がいたからこそ手にすることできたんだと僕は思っています。1人だと受験へのプレッシャーや休みたいという欲に抗えなくなってしまうことが多いですが、アイツも今頑張っているんだと思ったり、みんな受験に本気なんだと感じたりすることができました。そして、それが「合格」という結果になったのではないだろうかと思います。
学習グループで一週間このような目標で行おうという話し合い、そして一週間後次の目標を決めると同時にどれだけ達成できたか確認し合うということを行っていました。この学習グループの力も大きかったと思います。何故なら、この【目標⇒確認】という一連の流れは良い効果をもたらすからです。どういうことかというと、目標を決めるため話し合う⇒会話することが気休めにもなり、やる気が起こる⇒仲間と確認し合う⇒頑張ってくる人もいて、さらに頑張ろうという気持ちになる。結果【学力UP】ということにつながるからです。そうして僕は合格できたんだと思いました。

横須賀高校 合格
岸さくらさん

合格発表の日、私は第2志望の高校の方が家から近かった為、第2志望の高校へ行きました。そうしたら「相手校に合格」と書いてありとても嬉しかったです。「相手校に合格」という文字を何度も確認しました。このように私が合格できたのは学習グループのおかげだと思っています。私のグループはあんまり時間の入力が私を含めできていませんでした。ですが、きちんと時間入力をし勉強時間を目標以上にやっている他のグループの姿をみて、私のグループもだんだん時間入力ができるようになって、また勉強時間を増やすこともできるようになりました。私ははじめ「受験は団体戦」という言葉に本当にそうなのという不安を抱いていましたが山王で学習グループを通じて勉強していくことにつれ不安がなくなっていきました。山王では仲間の大切さを改めて感じさせられました。これから高校3年間、仲間を大切に頑張っていきたいと思います。

横須賀高校 合格
須田瑛太くん

私は小学六年生から山王学院に通っていました。最初のころは、同じ小学校の人が少なく緊張していましたが、周りの友達が親身になってくれただけでなく、先生方も分かりやすく、塾に慣れました。周りの友達と励まし合ったり、競い合うことで、勉強へ取り組む意欲につながりました。そのときに周りの友達の大切さに気づきました。12月に行なわれたテスティバルでは、現在の実力や、第一志望との距離を知ることができました。私はテスティバルでは60点ぐらいしか取れませんでした。自分の実力のなさに心が折れかけましたが、周りの友達のおかげで、折れずに努力を続けることができました。受験は団体戦という風に聞くと思います。私は本当にその通りだと思います。周りの友達がいたからこそ、努力を続けられました。みなさんも一人で頑張るだけでなく、周りの友達とも励まし合って頑張ってください。

横須賀高校 合格
塩津奈央さん

私は中学1年の夏休みから山王学院に入塾しました。初めての塾で不安が多くありましたが、先生方が熱心に優しく教えてくださったり、仲間のみんなと楽しく学ぶことができ不安もなくなっていきました。
受験生と聞くと、プレッシャーやストレスを感じるときもありました。ですが、そんな時にやる気を起こしてくれたのは塾の仲間たちだと思います。学習グループで学習時間やノートのページ数を競い合ったり、塾で誰よりも努力していた友達の話を聞いたりした時、毎回自分もがんばらなきゃ、と勉強に対する姿勢も変わっていきました。
また自分なりにノートにまとめたり、苦手な国語を何回も解くことで当日よい結果も残すことができました。友達とわからない問題の写真を送りあったりし、それも自分への励みになっていたと思います。そんな支えてくれた友達や先生方、家族に感謝したいです。高校でも気を抜かずこれまで関わってきたまわりの人に恩返しができるよう、がんばります。

横須賀高校 合格
高橋藍花さん

横須賀高校に合格することができて、受験生になってからの努力量で合格した喜びが変化すると分かりました。なので、受験生になる後輩の方たちには、最初どのように勉強するか分からないと思いますが、1年あるので自分が正しいと思ったやり方をひたすらやる事がいいと私は思います。たくさん自分のやりたい勉強方法をすれば、それが力となり、またよりよい勉強方法を見つけることができると思います。山王学院の授業・イベントで役に立ったことは、夏期講習や冬期講習です。1日10時間以上勉強するつらい日々ではありましたが、毎日たくさん勉強してとても力がついたと思います。また、毎日仲間と励ましあいながら勉強したので、毎日一生懸命勉強をすることができました。また、テスティバルもとても役に立ったと思います。私立。公立入試と同じようにテストが進んでいくので、どのくらい集中力が続くか自分で理解することができました。また、志望校までの距離を理解することができて、どのように勉強したらよいか考えることができました。毎日長時間勉強するのはとても苦労しましたが、山王学院の友達と高めあえたことがとても良かったと思います。1年間頑張り続けることはとても大変ではありましたがとても良い経験になりました。受験生になる後輩の方、頑張ってください!

横須賀高校 合格
富井那由多くん

僕は3年の夏期講習から入塾しました。なので勉強量が急激に増え、授業についていくことが大変でした。だけど、それに伴い勉強へのやる気も上がり、入塾する前よりも大幅に勉強時間を伸ばすことが出来ました。また、勉強時間の入力や一週間の反省などをすることで勉強の質も高くなっていきました。僕が受験で学んだことは仲間の大切さです。長時間の勉強や難しい問題の理解に苦労したり辛いと思ったことが何度もありました。しかし一生懸命勉強をしている人を見たり、友達や家族に応援してもらったりすると自然と辛さを忘れてがんばろうと思えました。勉強は一人ではなくみんなで励ましあい、互いに気持ちを高めあいながら取り組むことが大切だと思いました。受験は緊張や不安でいっぱいだったけれど無事第一志望の高校に合格出来てよかったです。

横須賀高校 合格
荒井優葉さん

山王学院では、予習・復習ナビ・オンラインテストがとても印象に残っています。これらは、とても大変できつかったです。ですが、これらがあることで、時間を無駄にすることなく一生懸命勉強に取り組むことができました。一つ一つが丁寧で、オンラインの映像なので自分が好きなだけ受けられたのがよかったです。山王の先生たちに相談、質問をするとすごく分かりやすくて、自分によりそった答えが返ってきました。今までずっと良い結果を残せていなかった私でも、3年生での1年間、毎日努力した結果、過去最高内申で受験に挑戦することができました。そして、第一志望校に合格できました。「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのだとするとそれはまだ努力と呼べない。」という言葉を信じて努力をしたかいがありました。うれしいです!

横須賀高校 合格
加藤千晴さん

新型コロナウイルスの影響で、学校が長期的に休みになり、受験生としてのモチベーションがなかなか上がりませんでした。そのせいで、3年生から順位が下がり、内申も下がってしまいました。しかし、山王のホームルームや先生からのアドバイスのおかげで、受験生としての自覚を持つことができ、頑張ろうと思うことができました。
 夏期講習では、宿題が多く、大変でした。しかし、自分なりにノートをまとめ、計画的に予習・復習をやり切り、オンラインテストで自分の理解度を確認することができました。
 冬期講習の年末年始特訓では、一日中授業があり、へとへとになりそうでしたが、みんなが頑張っている姿を見て、私も頑張ろうと思いました。この1年、新型コロナウイルスにより夏の合宿が中止になりと色々ありましたが、最後までやり切ることができました。最後になりましたが、先生・家族・友達・みんなの支えで最後の最後まで突き進むことができました。ありがとうございました。

千種高校 合格
水野里咲さん

私は3年生の途中から山王学院に入塾しました。私が入った時には同じ中学校で幼なじみの子が2人いたので、巽ヶ丘校にすぐ馴染めるようになりました。夏期講習では、グループを作って目標を立てることで、受験に対して気持ちを高めることができたし、友達がいたから「私も頑張ろう!」と思うことができました。山王模試では自分の思うような結果が出ず、友達との差も生まれて、「ああもうダメだ」と思うことが多くありました。でも、友達が「里咲ならできる!」と励ましてけれて頑張ることができました。みんなのインスパイア宣言を聞いて、「私も頑張らなきゃ」という気持ちになれました。冬期講習では受験に向けて本格的に追い込みをして、長時間勉強するという、自分との戦いを乗り越えた結果、自信がつきました。山王学院で学んだことで、学力だけではなく、人間性も磨くことができました。短い間でしたが、ありがとうございました!

東海南高校 合格
多田章馬くん

僕は3年生になった最初の頃はまだ受験生という自覚が全くありませんでした。テストの点数が悪いと分かっていても、やる気が出ずそれまでと変わらない日々を送っていました。ですが、時間が経つにつれて少しずつ危機感を持つようになり、山王学院に入りました。山王学院の授業では、今まで分からなかった問題の解き方を詳しく分かりやすく教えてもらえたり、自分の苦手な教科を直接教えてもらえたりしてとても自分のためになりました。また、全県模試や山王模試、普段の確認テストなど、日頃から自分の実力を知る機会が多く、モチベーションを高めることにつながりました。第一志望校に合格した時は今まで積み上げてきた努力の成果が出たと思い、とても嬉しかったです。これからも地道な努力を大切にしていきたいです。

東海南高校 合格
小林桃果さん

私は3年生から山王学院へ入塾し、この1年間第一志望合格を目標に頑張ってきました。最初はコロナウイルスの影響があり、どうなるか不安でしたが、しっかりと対応してくださったおかげで、勉強に取り組むことができました。合宿などはなくなってしまいましたが、夏期講習やV特訓などが自分をとても成長させてくれたと思います。また、グループで成果を確かめあえたことも重要だと思います。グループ内で目標を決め、実行するときに仲間のためやグループの人はしっかりとこれだけの時間やっていて自分も頑張らなければという気持ちが湧いてきて、とても助けになりました。各校舎ごとで競い合えたことも自分のやる気を出してくれる一部になったと思います。山王学院で私は、利他の大切さを学びました。いつも支えてくれる家族や、勉強を教えてくださった先生方、そして一緒に頑張った友達のおかげで第一志望に合格することが出来ました。自分のためだけでなく、ここまで支えて応援してくれた人のためという気持ちが大事なのだと思いました。

半田東高校 合格 
大谷勇真くん

僕は、中2の冬期から山王に通い始めました。公立高校に合格するためです。始めの頃は勉強嫌いがもろに出てやる気が全く出ませんでした。しかし、コロナの休校中、全く何もすることが無くなり、勉強をするようになりました。気まぐれでしたが勉強する習像がつき、3年生の定期テストの順位は上がりました。夏期講習や入試合格V特訓講座など、さまざまな勉強を経て、計算がはやくなる、解ける問題が多くなるなど、学力が上がってきたのが実感でき、やる気が出てきました。スポーツなどでもそうですが、勉強もやはり「自信」が大切だと思います。
Testivalというイベントでは実際に入試の過去問を解き志望校との距離を測り、各校舎対抗で競うイベントで、このイベントでの判定は不合格でした。しかし、そこで諦めずに必死で頑張りました。この先は、先生のまる秘の裏技とアドバイスで追い込みました。自分からも率先して過去問を解き入試に臨みました。先生が入試前日に「後悔のないように頑張れ」とおっしゃっていました。皆さんも、入試に限らず全てにおいて後悔のないように頑張って ほしいと思います。自分を信じて頑張ってください!!
今まで教えてくださった先生方、本当にありがとうございます。これからも頑張ります!

高等部 東進衛星予備校 2021年度合格体験記

京都大学 法学部 合格
水野桐人くん 半田高校

僕は、東進の良さはグループで合格を目指す所にあると思います。僕の所属していたグループは本当に最高の環境でした。コロナ期間には1週間でどれだけ受講を進めることができたか競い合ったり、受験勉強が辛い時には愚痴を言い合ったりできるようなメンバーでした。1週間に1度のグループミーティングは本来今週の学習の振り返りと来週の学習目標決めを行う場ですが、共に切磋琢磨し合える仲間と話すことで高いモチベーションを保つ良い場となりました。同じ志を持った最高の仲間と最後まで受験勉強を走り抜くことができ良かったです。

名古屋大学 情報学部 合格
磯部晃輝くん 半田高校

私が東進に入った1番の理由は、「家では勉強できないから」でした。しかし高2の間は部活などを理由にして、あまり積極的に勉強しませんでした。そんな中担任助手の方に、最初のグループミーティングで厳しい言葉を言われ、当時は少し彼を恐れていましたが、今は「そのおかげで自分の気持ちのスイッチが入ったなあ」ととても感謝しています。また、演習をしていく中で、以前は分からなかった問題が解けた時などに自分の成長を感じたり、向上得点や模試の点数を仲間と競い合ったりしたことで、勉強を続ける意欲が湧いてきました。そうすれば更に成長できるので、より一層意欲が増しました。このサイクルを作るのが、合格への鍵だと思います。

名古屋市立大学 医学部医学科 合格
新美雄啓くん 半田高校

早期からスタートしてよかったことは、勉強する習慣を身につけられることです。高3から勉強時間をいきなり増やすことは難しいですが、高1から勉強時間を確保し、少しずつ増やしていくことで、受験期に何時間も集中して勉強することができました。また、高2までに英語と数学を仕上げておくことで、高3のときに理科の演習を十分に積むことができました。弱点をはやい段階からみつけ、克服することもできました。東進模試は、解説授業をはやくみることができ、試験の感覚が残った状態で復習することができます。また、前年の合格者と比較した自分の現状をみることができるので、目標との距離がわかり勉強のモチベーションにつながったり、勉強の計画を立てやすいです。自分の模試の結果の推移などもあるので、モチベーション向上につながります。

愛知教育大学 教育学部 合格
山本乃愛さん 半田高校

東進模試を受けた後普通なら特典や判定などを見て終わってしまうところを、担任の先生はそれぞれの科目の大問ごとにどこが点数を取れていないかを細かく見てアドバイスをくださったり、その結果から今後どう学習を進めていくべきか沢山相談に乗ってくださったりしました。また、週1回のグループミーティングでグループの仲間と勉強の進度を確かめ合ったり、担任助手から勉強のこと以外にも生活面などで体験談やアドバイスを沢山聞けたりしました。東進の手厚い対応が合格につながったと思います。また、苦手だった数学の点数が徐々に良くなっていったのは、単元ごとに演習を積むことが出来る共通テスト対策の大門別演習のおかげだと思います。

同志社大学 文学部 合格
奥村虹緒さん 半田高校


「塾に来て勉強をする」ということが早いうちから習慣となったため、3年生になってから受験勉強にすんなり入ることが出来ました。特に社会の科目の先取りが出来たため受講を受け授業で復習するというサイクルが身についたのがよかったです。「高速基礎マスター講座」は、英語なら単語、熟語、文法、世界史なら文化史、年号など様々な角度から苦手を潰すことが出来ました。スマホのアプリを使用して電車の中などの空き時間に手軽に学習することが出来、修了判定テストには期間が設けられているため、学習内容を定着させることが出来ました。

藤田医科大学 医療科学部 合格
加藤浩介くん 阿久比高校 


僕がおすすめする講座は、やまぐち健一先生の「スタンダード物理」です。高校2年の終わりぐらいから受講を始めて、パート1、パート2、原子分野を受講しました。やまぐち先生は、とにかくわかりやすく、とにかくおもしろく、“目”が鍛えられていくのが少しずつ実感でき、物理の勉強がとても楽しかったです。試験当日、テキストに記載されているやまぐち先生の言葉を読み、やまぐち先生に鍛えられた“目”で試験に臨むことができました。結果的に、物理が僕の得意教科となり第一志望に合格できたのではないかと思っています。やまぐち先生に感謝しかありません。

お申込み・お問い合わせはこちら

0569-21-9751

受付時間:平日 午前11時~午後8時

山王学院に関するお問い合わせ

半田本部
0569-21-9751
名古屋本部
052-851-0150

受付時間 平日 午前11時~午後8時