先輩社員の声

古川 知裕 小中学部 理数科

現在の仕事内容は?

小学部と中学部の集団授業で、算数・数学、理科を担当しています。小学4年生から、受験生である中学3年生まで指導していますが、数学が特に苦手という生徒が多いです。そういった生徒には土台となる基礎的な知識・計算力を身につけさせ、発展問題・最終地点である高校入試問題のレベルが解けるところまでサポートしていきます。一つ一つ問題が解けた、解けたから面白い、じゃあ、もう少し難しい問題を挑戦しようじゃないかと数学を楽しんでもらえるよう指導しています。

理科も同じく、勉強していくにつれ、生活面で役立つことがとても多いです。生徒へ知的好奇心を刺激し勉強を楽しんでもらいたいです。

この業種を選んだ理由は?

山王学院へ入社する前は、ドイツでピアノの腕を磨きながら現地の飲食店で働いていました。
しかし勉強すれば勉強するほど実際に音楽で飯を食べていくことはとても困難なことだと実感し、音楽の道を進まないのであればこれからどうすべきか考えていました。
私は子どものころから勉強を苦に感じたことがなかったので、この分野でなら自分の力を生かせる、また伸ばしていけるのではないかと考え教育職に挑戦しようと思いました。
教育業界の中でも当社を選んだのは、説明会で見せていただいた授業が「根本理解」に重きをおき、「知的好奇心」を刺激するもので感銘を受けたからです。未経験で不安な部分もありましたが、研修が充実していることも入社の理由のひとつです。実際、研修は代表自らが行ってくださる場面もあり、日々勉強させていただいています。

仕事のやりがいは?

「先生の授業聞いて興味わいたからこんなの調べたよ」とか、授業で「簡単じゃん、じゃあこれもできるかもしれない」など、生徒が難しい問題に次々にチャレンジしたり、とても嬉しそうに勉強の状況を報告してくれたりするときなどに、「寝る間も惜しんで研究して本当に良かった」と喜びを感じます。担当クラスの平均点がぐっと上がったときなど、あまりに嬉しくて眠れないこともあります。
もっともっと上手く効率よく勉強を教えたい、その一心で毎日授業の研究に力を注いでいます。

あなたにとって山王学院は?

人生の新たなスタート地点であり、日々、社会に貢献しながらも自分を磨ける場所です。生徒により良い授業を提供するために日々スキルを磨かなければならないし、それに加えて慣れない事務仕事もこなさなければならないため毎日クタクタです。しかしそんな一日が終われば、「自分って意外とがんばれるんだな!」と新たな発見ができたり、クタクタになるまで働いた分、休日が今まで以上に充実したりします。
さらに苦労して研究した授業を生徒に提供すれば、それは点数となって数字で返ってきます。生徒の保護者から感謝の言葉を頂くこともあります。
社会に貢献することが自分の力に。そして自分の力で社会に貢献。「努力」と「充実」の無限ループです。

講師の一日

起床

十分な睡眠をとり、気力充実!規則的な生活をすることで、一日を元気に過ごすことが出気ます。

7:00

 

8:00

勉強

本日行う授業の内容を事前にチェック!どんな質問が来ても答えられるように万全の準備をします。

ジム

会社が会員になっているので、ジムに無料で通っています。朝の運動は気持ちが良いです!

10:00

 

13:30

出勤

今日の予定を確認します。  

ブリーフィング・掃除・校舎業務

授業開始前の情報共有はしっかりと。十人十色の生徒たちに対応するためには、この時間は欠かせません。

13:30

 

16:30

生徒出迎え

元気いっぱいの小学生をお出迎え。いつも素敵な笑顔で嬉しくなります。

小学生授業

巽ヶ丘校の小学生はみんな元気いっぱいで、 授業していてもとても楽しいです!

17:15

 

19:20

中学生授業

みんな真剣に授業を受けてくれます。その分こちらも頑張らねば!と気合が入ります。

クロージング

本日の総括をします。  授業内で起きた出来事の報告や、生徒の様子など、情報の共有をします。

22:00

 

22:30

帰宅

今日も一日お疲れ様でした。

西村 香名子 英会話部門統括

現在の仕事内容は?

英会話部門の責任者として、小学生・中学生・高校生の英会話クラスの運営を担当しています。
「将来英語を話せる人を育てる」ことが目的で、学校の授業では重きを置きづらい「発音やスピーキング」の面で生徒をサポートしています。そして夏休みには、ホームステイプログラムも行っていて、生徒をオーストラリアへ引率するお仕事もしています。

山王学院英会話クラスでは、「英語を話して人生を2倍楽しもう!」がモットー。英語を話せると、自分のことや、日本のことがよく見えるようになるものです。生徒の皆さんには英語を話す楽しさを体験していただき、より豊かな人生を送ってもらえるように、と願いをこめて指導しています。

また、英会話部門の仕事だけではなく、新人職員の研修や時間割作成など、会社全体に関わる仕事も担当させてもらっています。

この業種を選んだ理由は?

自分を育ててくれた地域に恩返しを、という思いで地元の山王学院にお世話になっています。
実は私自身が山王学院出身。中学生からお世話になりました。その後大学を卒業して、アメリカへ留学した時も、その準備を手伝ってくれたのが今の代表です。
私が今英語を話せるのは、今まで私にいろいろな教育をしてくれた人たちのおかげなんです。その人たちに少しでも恩返しをすることこそ、私の社会貢献だと思っています。

仕事のやりがいは?

生徒が「先生、私将来は英語を使った仕事がしたい!」と言ってくれるときです!生徒の描く夢の「きっかけ」になれることは、何事にも変えがたい喜びです。
また、日々の授業においても、どんどん英語の発音が上手になっていく生徒の姿を見るのは本当に嬉しく、上手さに感動して授業中に泣きそうになったこともあるほどです。以前に、新聞で「生徒にとってカッコイイのは外国人の先生でなく、英語を話す日本人の先生だ。」という記事を読んだことがあります。
生徒たちから、「先生みたいになりたい!」と思ってもらえる人でいられるよう、日々努力しています。
また、先輩職員として後輩を育てていくことも私の仕事のやりがいの一つ。
授業の組み立てや、生徒・保護者への接し方など、いつも後輩社員と一緒に研究しています。まだまだ新しい発見がたくさんあり、毎日が楽しいです。

あなたにとって山王学院は?

「夢を叶えられる場所」です。
1年サイクルで毎年同じ授業をしているように見えるかもしれませんが、毎年受け持つ生徒が異なることはもちろん、年々変化する教育の環境に対応するために、私たち教師も日々スキルアップをしていかなくてはなりません。生徒とともに自分も成長していける、そんな場所だと思います。
生徒の夢が叶うことは私の夢が叶うこと。だから、夢を叶えられる場所です。

衛藤 加奈子 東進衛星予備校 統括

現在の仕事内容は?

高等部・東進衛星予備校半田住吉校を統括しています。東進衛星予備校はメディア教育ですので、実際に私たちが授業をすることはありません。しかし、ひとりひとりの受講の進捗をチェックしたり、模試ごとに合格指導面談を行い、志望校との距離をどのように縮めていくかをアドバイスしたり、ときには叱咤激励をしたりと、生徒が合格への道を迷わず進められるようサポートをすることが大きな仕事の一つです。

また、入塾希望の方には、1000を超える講座の中から、難易度等を考えながら適切な講座を組み、志望校合格へのロードマップを作成し、ご納得いただいて入塾していただくことも重要です。責任者としては、校舎全体の「空気」が活気あるものになっているかどうかを常に気にかけています。担任助手(大学生のアルバイト)や担任(社員)が目的・目標を共有して一丸となって受験生の指導に当たれるよう校舎内のミーティングや研修を行っています。  

この業種を選んだ理由は?

大学時代に家庭教師のアルバイトをしていて、受け持った生徒の成績が伸びていくことが楽しく、もっともっといろんな子どもたちの役に立ちたいと思ったことがきっかけです。就職活動中は、多くの学習塾をまわりましたが、かつて塾生としてお世話になった山王学院で、今度は自分が知多半島の子どもたちのお役に立ちたいと思い入社しました。

仕事のやりがいは?

高校受験よりも、大学受験で第一志望に合格することは難しいです。しかし、だからこそ、現役で第一志望にこだわり、指導をしています。東進に通ってくれている生徒が、ここに来たことで目の色をかえ、自ら目標や夢に向かって進み始めた姿をみることが一番のやりがいです。

あなたにとって山王学院は?

常にチャレンジできる場所です。「昨年と一緒」ではなく、よりよいサービスをするにはどうするかを常に考えていける環境があります。

高橋 保之 小中学部 校舎長

現在の仕事内容は?

授業では、小学部の国語・社会・英語、中学部の授業で英語・社会を担当しています。また、私立中学受験本科では、社会と国語を担当しています。2012年から、校舎長も任せていただき、通っていただいている生徒に、分かりやすく楽しい授業をしようと努力しています。学校の定期テストや入試で実力が発揮できるよう、学校の指導内容よりも少し上の内容まで教え、実力を養成しています。その他に生徒との面談や保護者懇談、模試作成なども行っています。

この業種を選んだ理由は?

もともと「教師」という職を高校の時から考えていました。「勉強を何とかおもしろいものにできないだろうか」ということを考え、生徒が「この先生の授業を受けて良かった」と本気で思ってもらえるような指導をしたかったのでこの業種を選びました。山王学院に転職する前は、このような理由から、塾の講師をしたり、私立高校の派遣先で授業をしたりしていました。

その中で山王に入社した理由は?

会社が、「指導」「研究」ということに熱を注いでいることが大きな理由です。私自身の「授業」という商品をさらに磨きあげるために、これらに力を入れている当社に入社を決めました。

仕事のやりがいは?

真剣に考えた授業で生徒が関心をもったり、楽しんでくれたり、第一志望校に合格して感動している姿を見たりすると、がんばって良かったと思います。私自身は、校舎長を任せてもらってからは、通ってくれた生徒に感動を与えられるような本気の指導をしたいと思って、毎日励んでいます。通ってくれている生徒、保護者の方のさまざまなありがたい言葉が、この仕事を続けている理由です。

あなたにとって山王学院は?

真剣に「仕事とは何か」を考える場所です。私自身、まだまだ至らないことが多いため、成功もあれば失敗もあります。何が問題だったのか、今何が欠けているのかを常に考える指導をいただき、自身の成長の機会を数多くいただいています。

新美 留美  事務課

現在の仕事内容は?

会社の窓口としての電話対応や来客対応に加え、生徒さんの情報管理、模試の成績処理、授業料引落のためのデータ作成、備品の発注・管理、会計・経理等、幅広い業務にあたっています。教務の方をしっかりサポートできるよう、日々いろいろなことに気を配り業務にあたるよう心掛けています。また、職員のビジネスマナー向上に寄与できるよう、研修会なども計画しています。今後は、経費削減・業務削減へも積極的に取り組んでいきたいと思います。

この業種を選んだ理由は?

私は中学3年生のときに山王学院に通っていたのですが、その当時お世話になった先生方のおかげで無事第一志望の高校に合格することができました。そんな先生方に少しでも恩返しができたらという気持ちと、今度は私が、夢に向かって頑張っている生徒さんのために何か役に立ちたいという気持ちで選びました。実際、その当時お世話になった先生方と現在一緒に働かせていただいています。

仕事のやりがいは?

責任ある仕事を任せられるようになったことです。入社3年目で事務課のリーダーを任せられたのですが、当時は本当に私でやっていけるのかと不安でいっぱいでした。リーダーになったからには、ただ指示された仕事をやっているだけではなく、常にいろいろなところに目を配りながら、日々の業務の予定も立てなければなりません。毎月の業務計画を立て、その業務がミスなく予定通りに進み、なおかつそれ以外の業務もこなすことができたときは、非常に達成感があります。

あなたにとって山王学院は?

「日々成長できる場」だと思います。ただ同じ仕事を繰り返すだけではなく、生徒・保護者の方により良いサーヴィスを提供できるよう、日々努力していくことが大切だということを仕事を通して気付かされました。まだまだ未熟な部分もありますが、今後もさまざまな仕事や立場を経験し、人としてもさらに成長していきたいと思います。

お問い合わせ