東進の特長

特長1

高速学習 集中速習×1.5倍速受講

t-POD※による映像を駆使した授業
※toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・講座修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

生徒一人ひとりのレベル・目標に合わせられる

 東進の授業はおよそ1万種類。
 そのすべての授業をt-PODにより映像配信しているので、個別に受講でき、一人ひとりのレベル・目標に合わせた最適な学習が可能です。
 やる気になったときにすぐに始められ、理解に応じてどんどん先取りしたり、繰り返し受講したり自由自在。
 たとえば高2の夏までに受験に必要な全科目の全範囲を修了し、秋から1年半かけて志望校レベルの実践的な勉強や受験を超えた大学教養レベルの学習をすることもできます。

毎日授業を受けられるので理解も進み、定着度も高い

 従来の予備校は、毎週1回の授業で、第2講は第1講の1週間後、第3講は2週間後……と続きます。
しかし、東進なら、今日は第1講、明日は第2講……と、1年分の授業を1カ月程度で集中して受講・修了することができます。
 毎日受講する学習スタイルは、いつの間にか受験勉強を習慣化することが可能です。

自分の理解度に合わせて90分をフル活用できる!

 t-PODで受講すれば、授業の音声が音飛びしない状態で1.5倍のスピード再生をすることができます。90分の授業を1.5倍速で受講すれば約60分で 講義が終了。残りの30分は、わからない箇所を聞き直したり、その日の問題演習に使うなど、時間を有効活用することができます。

1.5倍速受講のススメ
 1.5倍速というスピードで適度な負荷をかけると、脳が活性化し集中力が高まります。そのため、通常のスピードで授業を受けたときよりも記憶と理解が進み、効率的な学習が可能となります。90分を自在に使えるというだけでなく、このような点からも1.5倍速受講を推奨しています。

自宅で受講できる

 「校舎が開いていない早朝に勉強したい」「天候不良や交通機関の乱れにより外出できないけど受講したい」……
そんなとき、東進のt-PODなら自宅から受講でき、さらに「確認テスト」や「講座修了判定テスト」も校舎と同じように受験できます。

※自宅受講のためには、要件を満たすパソコン・またはiOS搭載端末・Android搭載端末を利用し、通信環境の設定を各自で行って頂く必要があります。 マッキントッシュやインターネット接続機器を搭載したTVなどでの動作は保証できかねますのでご注意ください。最新の対応状況は、東進学力POSトップページより、推奨動作環境をご確認ください。
※2015年3月現在、一部のAndroidは非対応です。

特長2

スモールステップ・パーフェクトマスター

自分にぴったりのレベルから選べる スモールステップ

 第一志望合格は高く険しい山のようなもの。その頂上へ確実に登りきる学習法が「スモールステップ」です。スタートのレベルは人それぞれ。東進なら高校入門から超東大までの12段階から自分に合ったレベルを選ぶことが可能です。また、1講座は20回の授業で構成され、内容を理解しながら確実にステップアップできます。カリキュラム・講座は、頑張れば誰もが頂上へ到達できるように工夫されています。

※一部講座は、授業回数が異なります。

習ったことを確実に身につける パーフェクトマスター

スモールステップ

 習ったことを確実に自分のものにする、それが「パーフェクトマスター」です。例えば、授業後すぐにテストを行い内容が身についたかを確認する、オンラインで即採点してあいまいな点を把握して克服する、テストに合格したら次の授業へすすむなど、短期集中で徹底理解を繰り返し、学力を高めます。

特長3

実力講師陣

最高の講師陣による入試直結の授業が合格を生む

 東進の講師は、日本全国から選りすぐられた大学受験のプロフェッショナル。人気参考書の執筆者をはじめ、何万人もの受験生を志望校合格へ導いてきたエキスパートたちです。君たちがづまずきやすいポイントやその攻略法を熟知しているので、授業のわかりやすさは折り紙つき。表面的な知識や小手先のテクニックに留まらず、「なぜ、そうなるのか」「どう考えればよいのか」にとことんこだわる授業は、本物の思考力を養います。

特長4

担任指導

君の力を最大限に引き出す東進の「担任」

 東進では、担任による合格指導面談で、最適な学習方法をアドバイス。さらに担任助手が中心となり、日々の学習状況の確認をしていきます。担任助手の多くは東進で志望校合格を果たした大学生の先輩です。
 一人ひとりが抱えている課題をともに考え解決し、「熱誠指導」で君のやる気を引き出し志望校合格までリードする存在、それが東進の「担任」です。

君が作成した合格設計図をもとに担任がしっかりサポート

 志望校合格の第一歩、それは計画づくりです。担任は君と一緒に、志望校合格から逆算して合格設計図を作成します。その予定を月ごと、週ごと、日ごとのスケジュールに落とし込み、君だけの学習カリキュラムが完成。その上で志望校合格に向けたスケジュールや、部活・学校との両立方法を具体的に示し、定期的に面談を行って学習状況を確認していきます。
 また、受験に関する悩みや不安に対してのアドバイスも行います。やる気を持続し、頑張り続けることができる環境を作ります。

定期的な面談を通じた熱誠指導 【合格指導面談/グループミーティング】

 東進では、2種類の面談を行います。1つ目の合格指導面談は、生徒と担任が一対一で実施。受講状況や模試の結果をもとに、合格設計図の確認・修正、受験校の決定などを行います。
 2つ目のグループ面談では、担任助手の指導の下、5~6人の生徒によるグループ・ミーティングを通じて、切磋琢磨し合います。1週間の学習計画をグループ全員で共有して励ましあうことで、1人で勉強に取り組むよりも頑張る気持ちが強くなります。また、将来の夢や目標について話し合うことでモチベーションも高まります。「ライバルを目の前にしてやる気に火がついた」「励ましあって受験を乗り切れた」など、生徒のモチベーションの維持と向上を図っています。

習慣化の頼もしい味方『合格設計図実行システム』

 東進では、あらかじめ1週間の時間割を設定し自動で受講予約がされるシステムを導入しています。時間があるときに受講を進めるのではなく、毎週同じペースで受講を進められるため、自然に高速学習を習慣化することができます。合格設計図にもとづき、それを実現するための時間割も合わせて決めましょう。
 もちろん、部活が休みになったり、休日に時間ができたときには、個別に受講予約を追加することも可能。どんどん高速学習を進めることができます。

映像の授業に関する2つの質問

映像による授業でしっかり理解できるのか不安です

きちんと理解してから次へ進む仕組みがあるので安心です。
 毎回の受講後に「確認テスト」で理解度を確認し、全範囲を受講し終えた後には「講座修了判定テスト」を実施。合格できなかった場合は、テストの結果で明らかになった弱点箇所を復習し、再受験で合格を目指します。習ったことを確実に身につけ、わからないまま先に進むことがないのも東進の高速学習のポイントです。

質問したいときはどうすれば良いの?

バックアップサービスで受け付けています。
 授業中は理解したと思っていたのに、家に帰って復習してみたらよくわからない。こんなときに、ぜひ利用してください。
 バックアップサービスは、東進の授業・テキストについて、電話やインターネットで質問することができるサービス。君の質問・疑問に対してスタッフが、わかりやすく丁寧に回答してくれます。気軽に活用して疑問を解消し、学力アップに結びつけてください。

東進の特長

お問い合わせ(資料請求)
お問い合わせ(資料請求)
お問い合わせ(資料請求)
山王学院・東進衛星予備校

東進衛星予備校
半田住吉校

〒475-0866 半田市清水北町14番地
TEL.0569-21-9210

東進衛星予備校
知多つつじが丘校

〒478-0054 知多市つつじが丘2丁目18の11
TEL.0562-38-6767