半田校

大塚瑛生くん
半田高校合格
山王学院のイヴェントで一番心に残っているのは、3年生の夏に参加した合宿です。

この合宿で僕の勉強に対する考え方が変わりました。合宿に行く前は、「勉強は1人でやるものである」と考えていました。だから、グループ学習の時には誰とも話さず、1人で黙々と勉強をしていました。その結果、グループの中での会話がなくなり、暗い雰囲気になってしまいました。その様子を見かねた塾の先生が声をかけてくださいました。先生が本当に僕たちのことを心配してくれていることを感じ、とても嬉しくなりました。その後のグループ学習ではみんなとの会話も増え、だんだん明るい雰囲気になってきました。グループが明るい雰囲気になってからは、みんなで勉強を頑張っているように感じ、勉強が楽しくなりました。それから僕は「勉強は仲間と頑張るものである」と考えるようになりました。
勉強以外の人間的な面でも大きく成長させてくれた、校舎長の先生、そして山王学院の先生方に本当に感謝しています。

山口祐加さん
半田高校合格

私は中学3年生になったとき、正直不安でいっぱいでした。このとき、私は既にだいたいの志望校を考えていましたが、本当にその高校に入れるのか、マイナスな事ばかり考えていました。

しかし、中3対象の高校進学説明会に参加して、受験に対して意識が変わりました。塾生全員で第1志望校に合格するという共通目標が出来たことで、前向きになることができました。
 私が1番印象に残っているイヴェントは、夏休み中に行なわれた合格合宿です。同じチームの仲間と朝早くから深夜1時すぎまで必死に勉強しました。ずっと勉強ではなく、楽しい息抜きのイヴェントもあることで、その後はさらに集中して勉強することができました。合宿に参加して本当に良かったと思っています。
また、合格合宿だけでなく、夏期講習でも力をつけることができました。A,Bノートを作成して、家でも自分でまとめて勉強することで自分がどこをわかっていないか確かめることができました。
この1年間、山王の先生方には大変お世話になりました。山王学院の先生を信じて勉強していけば必ず合格できると思います。第1志望を目指して頑張って下さい!!

酒井優一くん
横須賀高校合格 

僕は横須賀高校に合格することが出来て本当に嬉しいです。思えばこの1年間は本当に大変でした。僕はある夏の1日から本気で取り組むようになりました。

それは夏の合格合宿です。合格合宿は、2泊3日という長いような、短いような日数の間、ホテルでずっと勉強をするというものでした。これから受験勉強に励む後輩に言いたいのですが、夏の合宿は軽くみてはいけないということです。僕は少し軽い気持ちでのぞんでいた気がします。ホテルについて早速テストを行い、その後は勉強で、寝る時間は日付を越えています。そんな3日間が続くと考えて下さい。しかし、この3日間は大変なのですがとても実のある3日間になったと思います。テストで自分の立ち位置を知り、その結果をふまえて勉強をたくさんすることで自分の限界を突破することができました。後輩には是非夏の合宿に参加して欲しいです。そして、自分の限界を突破してください!

吉田詩さん
横須賀高校合格 

私が第1志望校の横須賀高校に合格することができたのは、小学4年生から通っている山王学院で、特に中学3年生の夏から一生懸命頑張れたからだと思います。

私が受験勉強で印象に残っているのは、夏の合格合宿です。合格合宿では20分間勉強法で集中して勉強ができたり、学習グループで分からない所を教えあったりして受験勉強への意欲が湧いてきました。また、グループで協力して、勉強を教えあったりしたことで受験はチームワークということがわかりました。合宿が終わった後でも、勝利の方程式5ヵ条のセルフチェックシートで、合宿で感じた受験への意欲を続けて持つことができました。
これからも山王学院で頑張ったことを忘れずに高校でも頑張りたいです。


新美飛我くん
半田東高校合格 

僕は1年生の時から半田東高校を第1志望にしていました。僕が受験に向けて本格的に勉強をし始めたのは部活を引退してからでした。

初めは授業の予習の段階で1、2年生の内容が全く出来ませんでした。でも、授業の予習や復習をすることによって、分からない問題が分かるようになっていきました。そのことが合格の次に嬉しかったです。僕は、内申点が高校のボーダーラインより大分低かったのですが、当日点でカバーすることができました。だから、内申点が志望校のボーダーラインに達していなくても当日、良い点をとることが出来れば合格することができるので第1志望校を目指して頑張ることが大事なことだと思いました。


武豊校

上埜結穂さん
旭丘高校合格

山王学院で過ごして分かったのは、努力経験を積むことの大切さです。受験勉強を始めたころの私は、勉強は量より質だと考え、あまり量をこなしていませんでした。

しかし、山王の夏期講習でたくさん勉強してみて、ある程度量を積まないと自分に合っている勉強の質は分からないことに気づきました。山王の教材は知識を定着させれば点数に直結する要素が多かったこともあり、中3の夏の全県模試の偏差値は中1の夏から12も上がっていました。また、努力に裏打ちされた自信は力になるということを、入試当日にも実感しました。当日の試験では、数学が全く分からず、相当酷い点になるであろうことが試験終了時点で分かりました。しかし、あれだけ頑張ったのにここで負けたくないと思い直し、あとの教科で巻き返すことができました。山王で努力経験を積んでいたからだと思います。支えてくれた家族や先生に結果で報いることができてよかったです。ありがとうございました。

佐藤文香さん
半田高校合格

私は中1の時に山王学院に入りました。初めは中学校の授業に不安も抱いていましたが、先生の授業は分かりやすくて楽しく勉強ができました。

先生からは学問のことだけではなく、人として、成長することを学びました。いつも熱心で一生懸命で憧れの存在でした。山王の先生に出会ってなかったら半田高校も諦めていたと思うし、合格出来なかったと思います。私が志望校に合格することができたのは周りの人たちからの温かいサポートがあったからこそだと思います。今まで指導して下さって感謝しています。受験で大切なのは自分を信じて諦めないこと、そして感謝の気持ちを持つことだと受験を通して改めて感じました。受験は1人ではありません。辛いことだと思わずに前向きに乗り越えて下さい。「努力は一瞬の苦しみ。後悔は一生の苦しみ。」乗り越えた先にはきっと輝かしい未来が待ち望んでいると思います。最後になりますが、自分を支えてくれた人たちの存在を忘れずに頑張ってください。ありがとうございました。

稲葉帆南さん
半田高校合格

私は、3年の4月に山王学院に入塾しました。初めのころは、周りのレベルの高さについていけるか心配していましたが、次第に授業にも慣れて、内容も理解できるようになりました。

私の受験に対しての意識が変わったのは、夏の合宿です。今までにない勉強量に初めて取り組み、自分はこんなにも努力できるのだと初めて知ることができました。チームで時間と量を競い合い、仲間同士で高め合えたのも私のやる気につながったと思います。みんなも頑張っているから私も頑張らなくてはいけないと思い、受験に向けてもっと努力しようと強く思えました。私が無事第1志望に合格できたのは、山王の先生方や仲間たちのおかげです。この1年で私は成長できたと思います。本当にありがとうございました。

中野惟里さん
横須賀高校合格

私は、中学1年生のときに山王学院に入塾しました。当初は授業についていけるかとても不安でした。しかし、先生方のわかりやすい指導のおかげで、1番苦手な英語が今では1番得意教科になりました。

私が1番印象に残っている思い出は、合宿です。2泊3日で、合宿のほとんどの時間が勉強で辛いと思ったこともありました。しかし、同じ学習グループの仲間と励ましあったり、わからない問題を教えてもらったりなどをしたので、最後まで頑張れました。この合宿は勉強だけでなくて、家族の大切さなどさまざまなことも教えてくれました。本当に合宿に参加できて、良かったです。また、夏休み明けから始まった合格V特訓も印象に残っています。さまざまな特訓のおかげで、私は横須賀高校に合格出来てと思います。最初は学校では横須賀高校は赤信号と言われていました。しかし、山王学院の先生方の応援、支えのおかげで合格することができました。とても感謝しています。山王学院に入塾できて本当に良かったです。

兜森優太くん
横須賀高校合格

僕は3年生から入塾したので、受験生として一年間山王学院に通いました。僕の入塾当時の志望校は合格した高校より一つ低い場所でした。しかし、先生のすすめもあって志望校をワンランク高い高校に変えて目標を高くしました。

目標は高い方が、成績が伸びて僕は実際に合格することができました。志望校は今の自分では行けないようなところにすれば、成績は伸びると思います。
山王学院に通っていて一番つらかったことは合宿です。朝から晩までほとんど勉強で、正直その時はとてもつらかったです。しかし、終わってみると行ってよかったと思えました。この合宿で精神力も強くなり、実力もつきました。この合宿は僕にとってとても良い経験になりました。山王学院では勉強だけでなく、あいさつなど、人として大切な事もたくさん学ぶことができました。僕は山王学院に入ることができて本当に良かったです。山王に入塾させてくれた親、いつも厳しくまた楽しく授業をしてくれた先生方にとても感謝しています。

夏目紗希さん
東海南高校合格

山王でのグループを作ることで仲間と励まし合い、教えあうことや仲間のがんばる姿を見て自分もがんばろうと思え、目標を決めやりきることができました。特に8月の合宿ではつらい中でも仲間がいたからやれました。

合宿を機に受験生としての自覚が持て、そこからは休みの日は8時間以上、平日は5時間以上を心がけ半年間は続けられました。あきらめず続けられてよかったです。山王での授業は補講なども行ってくれたり、分かるまで教えてくれたり、授業がとても楽しかったです。山王に入らなかったらここまでがんばれなかったし、やりきれなかったと思います。武豊校の先生たちのおかげです。ありがとうございました!!
イベントではインスパイア宣言で勇気をもらい、がんばろうと思えました。勝利の方程式では友人・家族を喜ばせようということや目標を決めて、感謝の気持ちを持ってやり遂げられました。きちんと予習をすることがとても大事です!!

倉田悠成くん
東海南高校合格

僕は、3年生の9月から山王学院に入塾しました。入ってから最初に、利他という言葉を知って、今まで自分のことしか考えず、相手のことは次にしていて、利他を頭の中で考えるようになってから少し自分の生活が変化した気がしました。

通い続けて、初の定期テスト、今までそこそこだった僕が、順位を上げることができました。自分に自信を持てるようになり、期末テストでも順位を上げることができました。
冬休みに入って、冬期講習でも自分の知っていなかった、これまで学ぼうとしてこなかったことを学んで、さらにやる気が出ました。先生はまだ登山の5合目だと言っていました。自分にはあまりわかっていなかったけど、今は理解しています。最後の最後まで諦めず、ゴールが近いからといって手を抜かなかった人が勝つ、この言葉を胸にしっかりと留めて、自分の行きたい高校に行くことができてとてもうれしいです。
武豊校に入って、いろんな人に出会ってこその合格だと思います。

乙川校

倭悠大くん
半田高校合格

自分が山王学院に入ったのは中学1年生の時でした。その時、自分は勉強の仕方があまり分からなかったのですが、塾では、大事なところや、難しいことの簡単な覚え方を教えてくれてとても勉強しやすくなりました。

また、勉強をしていく上でとても辛いことなどもありましたが、山王の授業では、先生たちも楽しく教えてくださったり、友達と一緒に学ぶことによって、その辛さは少なくなり、楽しく勉強してテストに備えることができました。また、たくさんの模試や合宿を体験させてくれて、勉強の習慣が付きました。また山王では、色々な目標を掲げることで、それに向って頑張ったり、仲間のためにという意識で頑張るということもしてきました。そのようなことの積み重ねが合格に繋がったと思います。ありがとうございました。

松本貴光くん
半田高校合格

僕は合格発表を半田高校に見に行きました。「2272・本校に合格」この九文字を見た時、僕の頭の中にたくさんの思い出がよぎりました。

学校の事や塾の事、家族や友達との事、思い出す出来事はたくさんありましたが、やはり一番印象に残っていたことは夏休みでした。ほぼ毎日あった夏期講習。予習や復習はとても多く、特に数学は授業ごとにノートをまとめていたのでとても大変でした。ですが、その積み重ねが自分の実力をつける大切なものになりました。また、夏の合宿は、ほとんどの時間を勉強に費やしました。とても辛かったです。途中であきらめたくなるときもありました。ですが同じグループの仲間がいて、その仲間のために頑張ろうと思えるようになりました。仲間はとても心の支えになるので大切にしてもらいたいです。僕が第一志望の高校に合格できたのは、周りの支えのお陰です。今後受験をする人たちには感謝の気持ちを忘れずに頑張ってもらいたいです。

神谷知花さん
半田高校合格

私は半田高校に無事合格できました。それは、山王学院の指導があったおかげだって心から思います。私は3年生の始めから山王学院に通いました。山王学院に入って、今までの倍くらい勉強するようになりました。

それは一緒に頑張る仲間がいたから。勉強ばかりで投げ出したくなるときもありました。でもそんな時、一緒に頑張る仲間がいました。「勝利の方程式」や、「圧倒的な量と時間を勉強する」と言う目標があったおかげで背中を押されました。前向きにがんばることができました。また、2度のインスパイア宣言の時、たくさんの人が決意しているのを見たときにも、自分はいい影響を受けました。こんなにも志望校に対する思いが強い人がたくさんいるんだ、自分も負けてられないって思わせてくれました。エンジンをかけてくれました。以上の経験があったからこそ、合格をつかめました。山王学院に入って勉強できたお陰です。山王学院には感謝しかないです。

久野桃佳さん
横須賀高校合格

山王学院のお陰で横須賀高校に合格することができました。本当にありがとうございました。夏に行われた合宿では、「勝利の方程式」の第四条である「『普通では無理』と思うような高い目標を、『期限付き』で、『具体的に掲げ』地道な努力を決

してやめずに続けること」を特に鍛えることができました。また、20分勉強法は集中力がなかなか続かない私にはピッタリの勉強法でした。そのため、合宿が終わってからも家で利用していました。なかなか集中できない人には本当にオススメの勉強法です。そして私がこの1年で最も育てることができたのは第三条の「感謝の気持ち」です。家族や先生方、友達などたくさんの方々に支えられて合格をすることができました。高校に入ってからもこの気持ちを忘れないようにしようと思っています。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

巽ヶ丘校

伊倉優くん
旭丘高校合格

3月17日の合格発表を人生の最も幸せな日にすることができたのは、山王学院に入塾したからです。特に夏休みの山王は格別でした。

部活が終わってから本格的に受験勉強に入り、予習→授業→復習のサイクルをずっと繰り返し、一日のほとんどを勉強に費やしていました。毎日辛いと思う瞬間があったけど、学習クループのみんなを想像すると、みな必死で勉強していて、それにつられて頑張っていました。この夏でした勉強を土台として、合格V特訓、冬期講習での勉強を積み重ねました。今、受験を終えてこう思います。
「夏を制するものは、受験を制す」
やはり何をするにも土台が必要で、突然ハイレベルなことをしても成功しません。まだ回りがスイッチの入っていない夏に、猛勉強をして差をつける。これが高校受験の成功の鍵だと思います。このような環境を作ってくれた山王には本当に感謝しています。

関巴菜さん 
半田高校合格 
私は山王学院に入り、一人ではできなかった勉強量を仲間とやり遂げました。やり遂げることができたのは熱心に私たちのことを考えてくださる山王の先生、同じ目標を持ち一緒に頑張るみんな、いつも応援してくれる家族がいたからです。

高校受験が終わった今、本当に感謝しています。山王学院では、合宿・テスティバルなどの楽しいイベントがたくさんあり、頑張ることができました。その中でも私は「勝利の方程式」が印象に残っています。中でも第五条の「他人を喜ばせる、幸せにすることが自分の幸せだと考えること」を一番に考えて、合格できたらたくさんの人が喜んでくれるのではないかと思い、必死に勉強しました。でも私の想像以上でした。たくさんの人が自分のことのように喜んでくれました。本当に幸せです。これから高校受験を経験する皆さんにもこの気持ちを味わってほしいです。私は山王に入っていろんな経験ができたし、先生たちにたくさんのことを学びました。山王の先生についていって後悔することはありません。これから高校受験を経験するみなさん、山王の先生を信じて全力で頑張ってください。

天池由歩さん
半田高校合格

私は最後の内申が35でした。その理由は1学期で手を抜いていたことです。35だと知った時、私はとてもとても後悔しました。母に志望校を下げることを勧められたけど、半田高校が自分で決めた所だったから、私は最後までやりきることができたんだと思

っています。なので、志望校は自分の意思で決めてください。そしてへこんだ時には合格したときの自分や家族を想像してください。そうすれば頑張れます。1学期の内申は本当に大事だと思います。まだ回りの人達は受験を意識していないので、頑張ればたくさんとることができます。3学期のときに後悔しないように気をつけてください。今回合格できて言葉で表せないほど嬉しいです。これでやっと塾の先生方に恩返しができました。今まで支えてくださりありがとうございました。山王に入って良かったです。後輩のみんなは最後に後悔しないように頑張ってください。応援しています。

稲谷洋希くん
横須賀高校合格

僕が横須賀高校に合格できたのは、本当に山王学院の先生方や周りの友達、一番近くで支えてくれた家族のお陰だと思っています。山王学院のイベントで一番心に残っているのは、夏期合宿です。そこでの20分勉強法では今までにないくらい集中して、

長い時間勉強することができました。また、グループで一緒に勉強するので楽しむこともできました。僕は山王学院に中学3年生の4月から入り、1年近い間でしたが入塾してとても良かったと思っています。勉強はもちろんのこと、勉強以外で「勝利の方程式五か条」を掲げて、挨拶や感謝の気持ちを大切にしてきました。五か条が全て完璧にできるようになったかは分かりませんが、これからも続けていき、人としてもっともっと成長していきたいと思っています。山王学院にとても感謝しています。

竹内陽葵くん
東海南高校合格

僕は中1からずっと山王学院で学んできました。1年の頃はあまり勉強もせず、内申も伸び悩んだこともありました。ですが2年生の終わりごろから先生方の熱い想いに心を動か

され、意識を変えて勉強に取り組もうと思いました。そして3年生の1学期から内申を少しでも上げようと頑張った結果、内申が30台半ばまで上げることができました。今考えると3年生の初めから全力で頑張れたことが良かったのかなと思っています。夏期講習では今までにやったことのない勉強量をやろうと常々言われました。また先生方の話などを聞いて、受験を通して成長したいと思うようにもなりました。受験前は不安や緊張もありましたが、3年生の初めから積み重ねてきた内申点やこれまでやってきた勉強のお陰で自身もわいてきました。応援してくれた先生方への最後の恩返しとして、合格という結果が欲しかったので合格できてよかったです。

宮池校

石川功祐くん 
半田高校合格

僕は半田高校に合格しました。いろいろな努力を積み重ねた結果合格できたのだと思います。山王学院は、僕の勉強へのやる気をより高めてくれる、そんな場所でした。第一志望校合格という目標に向かってみんなで一緒にがんばり努力することで、

自分の力を一人では行けないところまで高めてくれた気がします。そんな山王学院で一番僕の糧になったのは中3合格合宿です。合宿という非日常空間のなかで、今までやったことのないような勉強量と時間を達成するということは、勉強には限界がなく、どれだけでもやっていくことができるということを知る機会になりました。合宿の経験のおかげで、意識が変わり、合宿後も勉強をたくさんでき、志望校に合格することができました。ありがとうございました。

中村綾香さん 
半田高校合格

中学校3年生の日々はあっという間に過ぎ去ってしまいました。受験という壁に真剣に向き合いました。3年生の定期テストは一回一回がとても重要なのに、結果が出ず、第一志望校を変えようかなと思ったことが何度もあります。

けれど、私の周りには、学習グループの班のメンバーや親友や頼れる先生がいて、悩んでいた私を励ましてくれて、正しい道へと導いてくれました。正直なところ、私はあまり勉強が好きではありませんでした。しかし、私の親友があきらめずに頑張って勉強していました。私はその姿を目の当たりにして、私もその子のように頑張ろうと思えました。その子のために頑張ろうと決めました。受験が近づくにつれて、不安もたくさんありました。ですが、その親友とともに最後まで頑張り続けました。合格発表のときはドキドキしましたが、親友と共に合格できました。私は、その子と一緒に頑張れて本当によかったです。最後まで第一志望校を変えなくてよかったです。

黒野佑衣さん
半田高校合格

私は今まで計画的に勉強することが苦手で、テスト週間などはいつも最後のほうに急いで勉強していました。しかし、夏の合宿で初めてやってみた、「20分勉強法」で、1週間の予定を計画するのが苦手だった私でも、20分という短い時間なら効

率よく勉強することができました。この「20分勉強法」を行っていくうちに集中力も長く続くようになり、この受験を乗り切れました。また、「勝利の方程式 五カ条」を毎週見直すことで勉強面だけでなく、自分の生活面まで改善していくことができました。私が受験勉強を最後までやりとげ、志望校に合格できたのは山王学院でたくさんの山王生と一緒にがんばったからです。そして、山王学院のたくさんの先生方に支えられたからです。山王学院の先生方、みんな、本当にありがとうございました。

松波希美さん
半田高校合格
合格発表の日、高校に行って、自分の番号があったときはとても嬉しかったです。それと同時に、私の友達が合格していたことも嬉しかったです。中3の夏から受験対策が始まると、予習やテストが多くて、とても大変だったことを覚えています。

しかし、それを乗り越えられたのは、夏の合宿で「自分はもっとできるんだ」、「仲間が一緒に頑張ってくれる」ということを実感できたからだと思います。一人でずっと勉強しているだけでは味わえない、「みんなと受かりたい」、「みんなが頑張っているから、私ももっと頑張りたい」という思いが、私を強くしました。「受験は個人戦であり、団体戦」なのだと思いました。受験するのは自分。合否を分けるのも自分の実力次第。でも本番の試験までの道には、支えてくださったたくさんの人がいて、近くには一緒に頑張った仲間がいる。不思議だけど、妙にしっくりくるこの言葉は私の大切な宝物です。

末永純さん
横須賀高校合格

私は3年の夏期講習から山王学院に通いました。それまでの生活は部活のことで頭がいっぱいで、勉強に力を入れていませんでした。山王学院に入ってからは、予習、復習、テストに追われ勉強中心の生活に変わりついていくだけで精一杯でした。

何度も「やめたい」と思ったことがあります。しかし、最後まで頑張れました。理由は仲間の存在があったからです。自分の学習グループの仲間と教え合い、認め合い、高め合っていくことができたからです。学習グループの仲間の存在は大きく、勉強時間や復習のノートページを一番多くやってくる人がいたら、翌週はその人を目標にし、自分が最も多い場合はさらに仲間を引っぱって行けるようがんばりました。志望校が違っても、グループの仲間を大切に思い、お互いに高め合い、努力できたことが第一志望校合格へつながったと思います。ありがとうございました。

石川実果さん
横須賀高校合格

この1年は自分の予想以上にあっという間に過ぎました。部活を引退してからは勉強中心の生活となり、今までに感じた事のない辛さがありました。1・2年の時は高校のことは全く考えず、テストで良い結果をとり、内申を多くとるために勉強していましたが、3年になってからは高校のことも考えて勉強する

ようになりました。しかし、定期テストに向け今まで以上に準備して臨んでも結果にでないことばかりで、夏期講習や冬期講習でも自分の実力不足に気づかされ、勉強が嫌になり悩むことも多かったです。でも山王の先生方は「必ず結果は出る」と励まし、問題の質問にも快く対応してくれて私の悩みを徐々に解消してくれました。
勉強ばかりで大変だったけれど、勉強の楽しさを学んだ夏の合宿。私はその合宿で「必ず志望校に合格して先生方に恩返しをしよう」、そう決めました。そして無事に志望校に合格でき目標を達成することができました。嬉しさの感情とともに感謝の気持ちで溢れています。私は受験勉強に燃えたこの1年を忘れません。山王の先生方は私にとって誇れる最強の応援団です!!

村山翔哉くん
横須賀高校合格

僕は第一志望である横須賀高校に合格することができました。夏期講習から「学習グループ」で共に教え合い、高め合うことができたことが何よりも自分の力になりました。

目標をもってグループで切磋琢磨する学習方法はお互いに教え合うことで記憶にも残り、効果的に勉強ができて自信につながりました。また、仲間と苦手な問題にもあきらめず取り組むことができました。合格を勝ち取る「心」をつくってくれた先生方のおかげで、受験当日も気持ちに余裕をもって全力で臨むことができました。山王学院での仲間と先生方に支えられ、励まされ僕は「合格」を手にしました。感謝の気持ちでいっぱいです。

角谷幸香さん
東海南高校合格

私は第一志望の東海南高校に合格するために2つのことを心がけました。1つ目は、分からないことがあったら先生や友達に聞くということです。私は数学がとても苦手だったのですが、

3年生になり、友達や先生に積極的に質問するようにした結果、数学の点数が上がり分からないところをなくすことができました。2つ目は、具体的な目標を立てて取り組むということです。「今日は、ここまで終わらせる」、「今日は何時から何時までにこれをやる」など、細かく具体的に目標を立てたことで、やる気が出て、効率よく勉強ができるようになりました。この2つことを心がけることで、ずっと行きたかった東海南高校に合格することができ、勉強の楽しさや達成感も味わうことができました。これから受験する皆さんも私の経験などを参考にしてみてください。

知多校

加藤真優里さん
半田高校合格     

私は中学2年の時に山王学院に入塾しました。初めは勉強も嫌いで塾に入りたくありませんでした。しかし、小学校や中学1年の時から通塾している子と自分の実力に圧倒的な差があるように感じ、「塾に入って頑張ろう」という気持ちになりました。

中学3年生になると、「学習グループ」という仲間と共に勉強する時間があり、勉強は一人でやるものばかりではないこと、仲間と勉強する大切さを学びました。そのおかげで今まで嫌いだった勉強が好きになり、平日では6時間、休日では10時間~18時間くらいまで勉強する毎日となりました。夏休みの合格合宿、本科授業、夏期講習、冬期講習、V特訓、論理エンジンなど全ての授業に全力で取り組むようにし、到底届かないと思っていた半田高校を目指し、一生懸命努力しました。そして無事、合格することが出来ました。本当に山王学院のみんなと勉強した日々はかけがえのないもので、とても楽しかったです。そして何より山王学院の先生方や家族にお礼を言いたいです。感謝してもしきれないくらいの気持ちです。本当にありがとうございました。高校に進学しても中学で頑張った気持ちを忘れずに頑張りたいと思います。

久野遥花さん
半田高校合格

私は中3の春から山王学院に入塾しました。夏休みまでは何とかついていくことが出来ていましたが、夏休み、塾の宿題と学校の宿題が多く、塾を辞めようかと迷っていた時もありました。

しかし、そんな時に学習グループのみんなが頑張っている姿を見て、私も頑張ろうという気持ちが芽生えてきました。グループのみんなと分からない問題を教えあったり、解決したり、Vテストに向けて一緒に頑張ったりしたことはとてもよい思い出です。また、公立入試前に、数学の点数が全く上がらず悩んでいた時に、先生が励まし、相談にのって下さり、1度は1桁の点数しかとれなく不安でいっぱいでしたが、入試当日は目標としていた点数以上の点を取ることが出来ました。山王学院での日々は辛いこともあったけど、それ以上に嬉しいこと、楽しいことがたくさんありました。今ではあの時、あきらめないで本当に良かったと思います。今まで本当にありがとうございました。

菊谷翼くん 
横須賀高校合格 
    
「横須賀高校合格!」掲示板を見たとき、喜びでいっぱいでした。自分でも目標としていた点数にはギリギリというところだったので、合格発表まではすごく心配していました。本当に合格できて良かったです。

合格することが出来たのでは、山王学院の夏合宿が鍵になったのではないかと思っています。初めは合宿に行くことが苦痛でしかありませんでした。朝から夜まで勉強でくじけそうになりましたが、仲間の励ましにより、3日間を乗り切ることができました。そこで学んだ「仲間と協力すること 励ましあうこと」が自分の勉強する上での励みとなり、合格へ近づいたのだと思います。後輩の皆さん、中3の1年間は正直、大変です。逃げ出したりくじけそうになったりするかもしれません。しかし、一緒に頑張り、励ましあう友達と出会うことで、道が切り開けます。頑張ってください。受験を通して成長できた1年だったと思います。本当にありがとうございました。

河和校

平林雅空くん
半田高校合格 
   
私が山王学院に通い始めたのは、中学三年生の夏からでした。今の自分の力だけでは第一志望校の高校に足りないなと思ったことがきっかけでした。通い始めてしばらくの頃は、他の塾生の問題を解く速さや、知識の量に圧倒されていました。

ですが、自分もそんな空気の中で勉強に取り組むうちに、みるみる力がついていくのを実感できました。その中でも一番印象に残っていることがあります。それは12月に行われたTestivalです。全校舎の生徒が集まってテストが行われ、実際の受験の予行演習のようでいつもとは違った空気の中集中して取り組めました。その後に行われた生徒によるインスパイア宣言も参加し、自分の目標に対して強い意思を持つことができました。テストの結果も個人順位で5位を取ることができたのも、自分の実力の確認ができ、次への自信にもつながりました。自分の実力が伸ばせ、見事第一志望にも合格し、本当に良かったです。

山本愛友菜さん
横須賀高校合格

私は二年生の冬から本科生として山王に入りました。以前は、継続的に勉強をすることが苦手で、勉強するくせをなかなかつけることができませんでした。

定期テストの勉強をするうえでも、思ったように準備ができぬままテストに臨んでしまうということも多々ありました。しかし、山王に来て自ら勉強し、自分の分からなかったところや間違ったところを振り返り、追求することで、徐々に勉強する習慣がつき、問題の解答の深部まで理解しておくことの大切さに気づくことができました。そして、試験当日では今まで積み重ねてきた努力や自分を応援してくれる家族や山王の先生方の思い、ともに試験を受ける友達からの励ましを胸に自分の力を出し切って、見事第一志望校に合格することができました。ですが、私たちはまだ人生第一関門を抜けただけであって、油断をしてはいけません。なので、これからも今まで築いてきた習慣を大切にし、次は、国公立大学を目指して努力を惜しまない高校生活にしたいと思います。

齋藤萌香さん
横須賀高校合格 

私が横須賀高校に合格できたのは、毎日惜しまずコツコツ努力を続けてきたからです。私が一番印象に残っているのは夏期講習です。朝起きたらテキストを開いて、車移動でも開いて、塾の予習と復習を毎日行ってきました。とても辛いと感じることが多々あって何度も諦めようとしました。

でも、塾に行くと同じグループや同じ校舎の仲間が頑張っている姿が目に入ってきて、私もやらなきゃという気持ちになることができました。そして、圧倒的な量と勉強時間を行ってきたのでとても自信がつきました。私は、夏期講習で真剣に勉強するかしないかで合格か不合格が決まるといってもいいと思います。つまり、私が言いたいのは、夏に頑張った人が受験を制するということです。辛いときは、互いに声を掛け合うことで必ず乗り越えられます。そして、自信もついてきます。私は、塾でたくさんのテストを経験していたので入試当日リラックスして問題を解くことができました。夏は大変ですし、テストは多いですけど頑張れば結果が出ます。仲間を大切にし、毎日コツコツ努力してみてください。来年横須賀高校で会いましょう。待っています。

青木楓花さん
東海南高校合格

私は最初勉強が嫌いだったので、塾に行けば無理やりでも自分が勉強するかなと思い塾に入りました。塾では基本学校より先の内容を学ぶので、どんどん新しい事を学んでいくことが楽しくなりました。

また、学校の授業が復習という形になるので、しっかりと勉強に対してついていくことができました。塾では、ただ勉強を教えてくれるだけでなく、ギャグなどで面白く覚えやすいように教えてくれるので、少しずつ自分も語呂合わせを作ってみたりもしました。私は塾に入ったことによって自分の勉強スタイルを変えていくことができたと思います。中学1年生、2年生のときの時は、短かった勉強時間が中学3年生になってとても増えました。たぶんその理由は学習グループができたおかげだと思います。みんなの勉強時間には刺激を受け、自分も頑張らないとという気持ちに何回もさせられました。お互いに励まし合える仲間がいたから今の自分があるんだと思います。つらいこともたくさんあったけれど、いい勉強生活を送れたと思います。ここで気を抜かず、高校でも勉強を頑張っていきたいです。

山木咲良さん
東海南高校合格

私は約3年間山王に通っていました。初めて山王で授業を受けたときは、少し緊張していましたが、先生たちがとても面白く、すぐに慣れることができました。

1・2年生のときは、定期テストで結果が上がったり下がったりしましたが、やる気がないときにいつも先生方が話を聞いてくださったりしてやる気を出させてくれました。3年生になってから受験もあり、塾にいる時間が長くなりました。夏の合宿は、今でもとてもつらかったと思います。でも、1人ではなく、グループの仲間と声を掛け合ったりして頑張ったので楽しさも感じたましたし、とてもいい経験だったとも思います。あのつらさを乗り越えたから今、第一志望校に合格して喜べているのだと思うととても良かったと思っています。山王では、勉強だけでなくイベントの時などの思い出もたくさんあって、とても楽しかったです。本当に山王に入塾して良かったと思っています。先生方の言葉はいつも自分のやる気を出させてくれて、叱るときは叱ってくれて、自分をとても成長させてくれました。本当に感謝しかないです。山王の先生方のおかげでこれからとてもいい生活が送れそうです。ありがとうございました。

合格体験記 中等部

お問い合わせ