旭丘高校

籾山月乃さん
旭丘高校合格
私が山王で勉強して一番印象に残っていることは夏の合宿です。この合宿では、普段ではありえないほどの勉強量に取り組みました。最初、予定表を見たときは絶句してしまいましたが、始まると学G(ガクグル)のみんなで勉強できるのが本当に楽しかったです。また、今までにないくらい集中でき、勉強が面白いと心から思えるようになりました。

一回でも自分が限界だと思っていたラインを突破すると、その後の勉強にも影響が出て、成績にもつながるようになりました。合宿は、確かにキツイです。しかし、その分成長できます。勉強への意識や、学Gのあり方、そして利他の精神の3日間という短い中で圧倒的な変化が自分にありました。だから、その後、成績が落ちてしまったときも気持ちを切り換えてもう一回戻すことができました。それはもちろん、学Gのメンバーがいたからでもあります。誰かと協力し合う大切さがよくわかりました。これからつらいこと、苦しいこともこの経験を生かして乗り越えていきたいと思います。



坪井夏大くん
旭丘高校合格
僕は旭丘高校に合格することができました。最初は無理かもしれないと思っていたけれど、山王学院で勉強していくうちに、自身がついていきました。その中でも夏休みの合宿が最も力になったと思います。夏休みの合宿では普段やらない量の勉強をやって、途中で帰りたくなるほどでしたが、

いっしょに勉強したグループのメンバーのおかげで最後までやり切ることができました。
  僕が合格できたのは、自分一人の力ではなく、山王学院の先生方や、半田校の友だち、合宿で共に勉強した他の校舎の人たちのおかげだと思います。その人たちへの感謝を忘れずに、高校でもがんばっていきたいと思います。



半田高校

浅野ひなたさん
半田高校合格

私は中学2年生の時から塾に通い始めました。最初は不安もありましたが、明るい雰囲気の中で行われる授業のおかげで楽しく通い続けることができました。特に、苦手な英文法では、分からないところをとことんおしえてくれる授業のおかげで入試ものりきることができました。

また入試直前になると、苦手とする単元の補習も受けることができるようになり、本当に助けられました。さらに、入試前日には出題が予想される単元の問題を解説してくれたので、入試に向けた最終確認ができ、最後の得点アップにもつながりました。最初は勉強時間も少なく、十分の予習・復習ができていなかった私ですが、塾に通い始めてからは自分から机に向かえるようになりました。勉強の習慣化ができたこと、それが合格できた一番の理由です。



石原陸也くん
半田高校合格 

僕が山王に通い始めて約半年、この山王学院半田校という環境で勉強できて本当に良かったと思っています。僕はもともと自分ですすんで勉強する習慣もやる気もないままこの塾へ入りました。

しかし入った途端やったことのないような予習の宿題で勉強の習慣がつき、学習グループで仲間を意識することでやる気や決意がうまれました。第一志望であった半田高校に入学できたのもこの山王というすばらしい環境で学習できたからだと思っています。
 この半年で僕は本当にたくさんのことを学びました。その中で僕の中で最も役にたったと思うのは歴史年号を覚えたことです。始めは意味がないだろうと思っていた僕も覚えてみるとテストで有効的に使えてとても役に立ちました。下の学年に負けたこともありましたが、あきらめず覚え続けてきて良かったです。
 これから勉強のときにはひとつのことをあきらめずに覚えてより多くの事を学んでいきたいです。


榊原有海さん
半田高校合格 

私は初め、「みんなで勉強する」ということに慣れることができませんでした。勉強は1人でするものだと、今まで思ってきたからです。そんな中、学G(ガクグル)が始まり、今まで以上に1人ではない勉強を行なうようになりました。

最初はみんな一人ひとりで勉強をしていました。しかし、夏の合宿が終わってからは、そんな雰囲気はなくなったように感じます。わからない問題を教え合うだけでなく、この子たちには負けたくないという競争心もグループ内で生まれていきました。
 また、1人ではない勉強を通して、自分は今までもたくさんの人に支えられてきたのだということに気づけました。いつも一番近くで支えてくれた家族、勉強面ではもちろん、心の面でもいつも私たちを気にかけてくださった先生方、他にも、本当に数え切れないほどの人々の存在があったから私はここまで成長できたのだと思います。
 受験を通して、人間として大きく成長できたと感じています。今はただただ、私を支えてくれた人全員に感謝しています。



塩津亮太くん
半田高校合格 

僕は中学2年生の2学期のころに山王学院に入塾しました。当初、僕は勉強に対してふわっとした気持ちだけを持っていました。そのため、定期テストのときだけ勉強などしてきました。

しかし、山王学院に通っているうちにそのような気持ちは無くなり、僕の勉強へのやる気が高まっていきました。それは、先生方の分かりやすい授業や、同じ目標に向かって一緒に頑張れた仲間のおかげだと思います。特に僕の勉強へのやる気が高められたのは、夏の合宿です。3日間のほとんどを勉強に費やす合宿に、あまり気持ちは進んでいませんでした。しかし、仲間の頑張っている姿を見て、僕も頑張ろうと思えて、自分史上一番多い勉強量を達成することができました。とても僕のためになったし、また「あの合宿の時と比べたら…」と他の勉強もスムーズにやりきることができました。
 山王学院という環境が僕をここまで成長させてくれたと思っています。ありがとうございました。



堀菜津さん
半田高校合格 

私はこの1年間の受験生活を振り返って、第一志望校の半田高校に合格することができたのは山王学院のサポートがあったからだと感じました。特に夏に行われた合宿は私を大きく成長させてくれました。

合宿の最初におこなわれたテストで、私はあまり良い点が取れず、また小テストで苦手な年号が出て、そこでもあまり良い点が取れず、「このままだとみんなの足を引っ張ってしまう」ととても落ち込んだ時がありました。でもその時、学習グループのみんなが「大丈夫、気にしなくいいよ。」と声をかけてくれたおかげで「自分ができることを精一杯頑張ろう。」と思うことができました。また、私は家だと眠くなるとすぐ寝てしまって、気がついたらすごく時間を無駄にしてしまうことがよくありました。でも合宿では学習グループのみんなで声をかけあって頑張ったおかげで朝早くても、夜遅くても頑張ることができました。この合宿を通して仲間の大切さ、そして「受験は個人戦ではなく団体戦」という意味を実感することができ、そこからの受験勉強を頑張ることができました。高校合格をゴールだと思わず、これからも頑張っていきたいです。


杉浦唯斗くん
半田高校合格 

自分は山王に入ってとても良かったと思います。皆と競い合いながら勉強できたこと、わからない問題があったらすぐに質問できる環境、そして年末年始特訓や夏期合宿などのイベントがあり、

勉強をサボリ気味になる時に勉強する機会があってとても良かったと思います。山王に入ったことで、勉強は1人でやるものではないと気づいたし、効率の良い勉強の仕方もわかりました。そして何より自分は自習環境があったことが一番良かったと思います。家では集中できないという時に自習室に行って勉強をすると集中して勉強ができました。このように受験勉強を支えてくれた先生や友人、そして環境に感謝しています。本当にありがとうございました。


竹内ひなのさん
半田高校合格 

私は小学校6年生から山王学院に入りましたが、勉強面ではもちろんのこと、人として大切なことも塾で教えてもらったと思います。中学校3年生の1年間は特にそれを強く感じました。

中学校生活最後の1年間では初めから入試直前までずっと山王の先生方に支えられ、ここまでやってこられたのだと思います。後半では塾に行く日にちも増え、何度も大変だなと思うときがありましたが、今思うと、やりきって本当に良かったなと心から感じています。また、この1年間で強く感じたのは他人を思う気持ちです。私は今まで自分のために勉強をしてきました。でも自分1人だけだとやはり限界があるということに気づかされました。自分が今ここまでこられているのは、支えてくださる先生方や家族、友達のおかげだということ、またそれを忘れず努力をし続けることの大切さを知りました。また、学習グループで一緒の仲間ともお互いに励ましあい、競いあうことで自分の力はもっと伸ばせるということも知りました。1年間大変なことはたくさんあると思いますが、周りにいる人を大切に感謝の気持ちを忘れずに、自分に自信を持って頑張ってください。


須貝友美さん
半田高校合格 

私は、半田高校に合格することができて、本当に嬉しいです。この1年、いろいろなことがありましたが、今はそれらのすべてが合格に繋がっていったのだと感じています。

私が特に印象に残っているのは、夏の合格合宿です。初めは、合宿に行くのがとても不安でした。ですが、そんな気持ちは吹き飛んでしまうくらいとても充実した3日間を過ごすことができました。朝早くから真夜中までに今までにない勉強量に取り組みました。途中何度もくじけそうになりましたが、学習グループの皆のおかげでやり遂げることができました。圧倒的な勉強量をこなしたことで自分に自信がつき、仲間と高めあえたことで今までよりもやる気が出ました。合宿のおかげで、仲間の存在の大きさを学び、その後も高いモチベーションを維持して勉強できました。合宿に参加して本当に良かったです。
 私は、山王に入ってたくさんの経験をすることができましたし、先生方からたくさんのことを学べました。山王に入って本当に良かったです。今まで本当にありがとうございました。


中山和樹くん
半田高校合格 

ぼくが受験勉強をするときに思い出していたのは夏休みに山王で行った合格合宿です。ぼくは合格合宿で信じられないほど勉強をしました。人生で一番勉強しました。山王はこんなに勉強するのかと、ものすごく驚いていました。

でも合宿が終わって家で勉強するときは「合宿ではあんなに勉強したのだからまだ勉強できる」と自分を奮い立たせていました。そのおかげで家での勉強はかなりはかどりました。また、学習グループでの活動も僕の勉強するときの支えになってくれました。同じグループの子たちも頑張っていると思うと、それもまた自分の勉強に対するやる気につながりました。僕が山王学院に入ったのは中学3年生の夏期講習からです。もう遅いのではないかと心配でしたが、先生たちや両親、仲間たちのサポートがありしっかり勉強ができました。時には苦しいこともありましたが、今となってはとても楽しい思い出です。

中山真結さん
半田高校合格 

 第一志望の高校に合格するために必要なことは、目標をしっかりと持って努力を惜しまないことだと思います。私も小学校の時から、「半田高校に行きたい!!!」という目標を掲げ日々努力してきました。

1つの目標に向かって努力を続けることは合格するために一番大切なことだと思います。
 公立入試では当日点もとても重要ですが、内申点の存在はとても大きかったと感じました。1年生、2年生の頃は、5教科の順位ばかりを気にしていて、副教科は前日に少しだけやるということがほとんどでした。しかし、3年生になって、「大事なのはテストの順位ではなく内申点だ。」ということに気づき、3年生から副教科と5教科の両立をはじめました。しかし、今まではそれになれていなかったので思ったようにはいきませんでした。1年生からやっておけば・・・と今さらながら悔いが残ります。内申点を上げるには、9教科をバランスよく学ぶことが重要だと思います。
 もう1つ、合格するために重要なことは、定期テストでは、はやくから勉強を始めることです。これは入試でも同じです。「まだ早いから。」と思っているそこの君!!!1年は本当にあっという間なので、がんばって下さい。


森山花音さん
半田高校合格 

私は特に春休み、夏休み、私立入試直前に勉強を頑張りました。逆に、2学期の生徒会が忙しい時期、私立入試後には、あまり勉強がはかどらず失速してしまいました。

失速した理由としては、もちろん、学校生活が忙しかったのもありますが、志望校になぜ行きたいのか明確な答えが出せなかったということが大きな理由でした。周りの友達には、絶対行きたい!という固い意志のある子や、高校なんてどこでもいいという気持ちの子もいました。しかし、塾の仲間たちに限定すると前者の方が多く、とても焦りを感じていました。それと同時に、自分もとりあえず頑張ってみようという気持ちになりました。塾の仲間たちの影響を受け、提出物を完璧にしたり、ノートのとり方や、まとめ方をまねしていくうちに、自分に合った勉強法を見つけることができ、自己最高得点、最高順位をとることができ、そして内申点は2年生の頃より10上がりました。大きな挑戦として推薦出願をし、受験勉強・面接練習・答辞などに追われる毎日になりましたが、塾の先生や仲間と励まし合いながら頑張り、合格することができました。つい3ヶ月前までは、予想もしていなかった未来になりました。人は変われると実感しました。私が変われたので、みんなも変われると思います。
先生方、本当にありがとうございました。受験生のみんなファイト!!!



森山愛菜さん
半田高校合格 

私が一番役に立ったと思うイベントは、夏の合宿です。私は夏の合宿があるまで、受験生という実感がわかず、出された課題をやるだけで終わっていました。

しかし、夏の合宿は自分たちで教科と範囲を決めて勉強しました。その結果、合宿の前よりも自分は何を勉強しなければいけないのかを考えて勉強ができるようになったと思います。合宿は、自分が今まででやったことのない時間まで勉強をしました。とても疲れました。しかし、自分でもこれだけの時間、勉強することができることがわかったので、とても励みになりました。合宿は大変でしたが、色々なイベントもあり楽しかったです。
私は半田高校を受けたとき焦らず冷静に受けることができました。それは自分ができるだけの勉強をやってきたからだと思います。そして、その勉強のサポートをしてくださったのは、塾の先生方や家族なので、高校へ入って、恩返しできるよう頑張りたいです。




横須賀高校

伊藤早咲さん
横須賀高校合格 

私が合格するために一番大切だと思うことは、あきらめないことです。私は、1月に行われた実力テストで思うような結果が出ず、私立高校も1校落ちてしまいました。

私は、実力のなさを痛感するとともに、悔しくて悔しくて涙が止まりませんでした。また、それに伴い、志願変更をせざるを得なくなりました。しかし、私はどうしても横須賀高校に通いたい!!という気持ちが捨てきれず、もう一度横須賀高校を第一志望にしました。
 それから私は、特に苦手な理科を中心に、猛勉強をしました。塾の授業後に、理科でわからないところを教えていただいたり、補講にも参加し、少しずつ理科で解ける問題が増えていきました。入試でも、満足のいく点数が取ることができ、本当によかったです。
 私は、他の受験生よりもスタートラインに立つのが遅く、不安でした。しかし、始まりはいつだっていい、あきらめなければ必ず合格することができると、今なら胸を張って言えます。誰よりも努力し、誰よりも合格したいという気持ちがあれば、絶対大丈夫です。今まで支えてくださった、山王の先生方、仲間、家族、本当にありがとうございました。



青木香澄さん
横須賀高校合格 

私はいつも自分に甘く、これでいいやとすぐ諦めてしまうところがありました。でも、そんな私ががんばろうと思えたのは学G(ガクグル)の存在があったからです。

初めの頃は、会話がなく、分からないところがあっても少し聞きにくい雰囲気がありました。でも合宿のときにふせんで意思を伝えあったりして、少しずつ会話が増えました。それからチームの雰囲気がとても良くなりました。また、勉強時間を言いあったり目標を決めたりして、もっとがんばろうと思うことができました。しかし、受験が近づくと自分の学力が上がらないことに悲しくなったりして追い込まれる日々でした。そんなときでも、先生たちが私の苦手教科にアドバイスをくれたり、特別なテキストをくれたりして、私たちだけじゃなく先生たちも大変なんだと感じ、いろんな人のためにもがんばろうと思いました。私が合格できたのは、一緒に戦った仲間やアドバイスをくれた先生、支えてくれた家族のおかげです。本当に感謝しています。


南志帆里さん
横須賀高校合格 

私は、第一志望の横須賀高校に合格することができました。合格できた理由に、山王学院に入塾したことが大きいと思います。私は、中学3年生から入塾しました。塾で学校より先の内容を教えてくれたり、定期テストの対策授業を行ってくれたおかげで、

2年生のときよりもテストの点数が高くなり、順位も上がりました。また、内申も上がりました。
夏には3日間合宿が行われたり、入試に近づくにつれて入試対策の授業が行われ、当日点を上げられるように先生方が色々なことを教えてくれました。勉強ばかりで辛くなったりやりたくないなと思うこともたくさんありましたが、あきらめて逃げ出したりせずに勉強し、見事第一志望の高校に合格をすることができました。本当に嬉しく、達成感を感じることができました!



星野琳香さん
横須賀高校合格 

私は無事、第一志望校である横須賀高校に合格することができました。私は昨年度のボーダーに点数が足りていなく、「落ちた」と自己採点のときに感じました。

合格発表では、自信がなかったので、第二志望校であった東海南高校へと行きました。自分の受験番号を見つけて結果を見ると、「相手校へ合格」と書いてあり、嬉しさのあまり、即、横須賀高校へと行きました。横須賀高校では同じ中学校の子と一緒に喜び合いました。そして、校舎長である安井先生と、松尾先生に会いました。先生と一緒になって喜んだことを鮮明に覚えています。私は山王学院に中1の夏期講習から入りました。最初はなかなか授業についていけず、何をやっても空回りしていましたが、中2から一気に内申や順位が上がりました。中3になってから塾に行く日も、宿題が増え、行きたくないと思ったことが何度もありました。しかし、学Gでの活動を通してみんなで励ましあいながらできたことがとても大きな支えでした。合宿、テスティバルのインスパイア宣言では、自分の気持ちを伝えることができ、合格への第一歩だったと感じています。受験は、最後の最後まで何が起こるか分かりません。最後まで諦めず、頑張ってください。自分を信じて!
今までありがとうございました。


永友南海さん
横須賀高校合格 

私は夏から山王学院に入りました。それまでは一人で勉強していましたが、なかなか思うような結果を出すことができずに悩んでいました。

そんなときに友達に誘われて山王学院に入塾して志望校を目指し始めました。 正直、予習・復習などに加えて演習もしていくのはとても大変でした。宿題が終わらず夜中の3時までひたすら問題を解いたり、学校の休憩時間を活用したりしましたが、それでも終わらず朝30分早く起きて勉強するようになりました。そんな生活を続けていくと勉強する習慣がつき、自分から机に向かうようになりました。そのおかげで入試まで自分の苦手と向き合いながら問題を解いていけたと思います。また学Gの人たちと支え合いながら学習していけるのはとても心強かったです。分からない問題を聞いたり、逆に教えてあげたりするのは嬉しかったし、高校受験までのモチベーションをあげてくれる良い経験だったと思います。
 無事、第一志望校に入れたのは、今まで支えてくれた友達や、家族、そして山王の先生方のおかげです。山王で学んだ勉強はもちろんのこと、それ以外の経験も今後の高校生活に活かしていきたいと思います。




新美香実さん
横須賀高校合格 

私は中学3年生の春から山王に通い始めました。それまで勉強はほとんど定期テストのテスト週間にしかやっていませんでした。毎週、毎週、山王の授業の予習や復習、テストの勉強など、やることが増えて最初のうちはとても大変でした。

しかし、そうやっていくうちに日ごろから勉強する習慣ができたと思います。夏の合宿ではこれまでにないというぐらい朝から晩まで勉強して仲間との絆も深まり、勉強・受験に対する意識をしっかりと持つことができました。また、復習ノートはとても良かったなと思っています。自分が間違えた問題をもう一度解説を加えながらまとめていくとより深い理解ができ、自分の苦手な問題パターンもつかむことができました。
 このようにして過ごした山王での1年間は私にとってとても意味のある大切な経験になったと思います。全く勉強する習慣のなかった自分が第一志望校に合格できたのは本当に山王学院のおかげだと思っています。




小田早夏さん
横須賀高校合格 

私は、中1の最初からずっと山王に通っていました。中3になるまで、特に何も考えずに、友達と勉強しているだけでした。でも、中3の夏、合宿に行ってから、「このままじゃいけない」と感じるようになりました。

合宿では、朝早くから夜中2時までたくさんの勉強時間を与えてくれました。そして、それ以上に仲間の大切さを教えてくれました。どんなに大変で、きつくて投げだしたくなっても、仲間の存在があるから乗りこえられました。ありがとう。合宿が終わってからも、学習グループで問題を教えあったり、勉強時間と勉強ノートページ数を記録したりしてお互いに支え合ったことは忘れません。そして、いつでも笑顔と大きなあいさつで元気をくれた塾の先生、本当にありがとうございました。どんなに辛くても笑顔でいることができました。本当に感謝しています。
これから受験する皆さんは、高校は悔いのない選択をしてください。自分の実力に限界を決めないでください。最後の最後までがんばって最高の状態で臨んでください!目標は第一志望校合格ではなく、第一志望校に「余裕で」合格です!志望校を下げることなく、最後まで全力疾走して、壁を突破してください!3年間ありがとうございました!



加藤七虹さん
横須賀高校合格 

私は中3になる前の春期講習から山王学院に入塾しました。中2でものすごく成績が下がって、このままだと受験がやばいなと思ったからです。受験が終わった今、1年間山王に通ってきて本当によかったと思っています。

入塾した当初、自分の目標とする志望校までの距離が最も遠かった私がここまでがんばれたのは、周りのみんなの存在が本当に大きかったです。自分のすぐ近くにものすごい量の勉強量をこなし、実際に定期テストで自己ベストを達成している子がいて、「私もその子みたいに周りに勇気を与えられる存在になりたい」と思い、必死に勉強しました。辛いことも多くあったけど、自分よりもはるかにがんばるみんなの姿を見て、ここまで来ることができました。みんなありがとう。
そして最後に、山王の先生、いつも熱心に指導してくださってありがとうございました。先生の的確なアドバイスや応援は、自分自身の支えになりました。本当に感謝しています。これから受験をむかえるみなさん、山王の先生を信じて仲間とともにがんばってください。応援しています。



芳賀慧太くん
横須賀高校合格 

僕は山王に通っていなかった頃、毎日継続して勉強するということがとてもめんどうで、嫌いでした。だから、テスト勉強などは憂鬱でしかたなかったです。当然成績は下がり、第一志望の横須賀には到底届かないだろうというところまで落ちていました。そんな時に姉が通っていた山王学院に入塾することになりました。

行く前は「行かず嫌い」をしていましたが、いざ授業を受けてみると分かりやすいし、先生もおもしろかったので塾に通うのは全く苦じゃなかったです。多くの課題はありましたが、やっていくうちに学力が上がっているのが感じられ、楽しかったです。また、仲の良い仲間と互いに切磋琢磨し合えたのも大きかったと思います。今成績が下がっている人、なかなか伸びない人も大丈夫です。塾で与えられた課題をしっかりやれば絶対に学力はつくし、そこから自分なりの勉強法が見つけられるはずです!頑張ってください!


榊原唯斗くん
横須賀高校合格 

僕が一番心に残っている思い出は三年の夏に行われた合宿です。三日間のスケジュールを初めて見たとき、僕は「こんなに多い時間、勉強できるわけがない。」と思いました。

合宿に行く前はあまり勉強していなかった僕にとっては、とても厳しいものだと感じました。しかし、いざ合宿に行ってみると、それまでに気づくことのなかった仲間の大切さを知り、勉強することが楽しくなり、最後にはもっと合宿をしたいと思うようになりました。グループでわからないところを教え合ったり、問題を出し合ったりしたことにより、仲間と一緒にレベルアップしていくのが楽しくて嬉しかったです。
 合宿が終わり、僕は一時期、友達と一緒でなければ勉強しませんでした。しかし、場所は違っていてもみんな勉強しているんだということに気づき、一人でも勉強するようになって徐々に勉強時間を増やしていくことができました。第一志望に合格できたのは、仲間のお陰でもあります。ありがとうございました。



東海南高校

杉浦佳音さん
東海南高校合格 

私は中学2年生の夏に山王学院に初めて来ました。塾に入ってからは、「こんな解き方があるんだ」と思ったり、「年号が覚えやすいな」と思ったりと、いいことばかりでした。

なので塾に入ってからの順位は少しずつ上がっていきました。しかし、3年生になると、周りも勉強を頑張り始め、思うような順位をとることが出来なくなっていきました。ですがこうして第一志望の高校に合格できたのは学G(ガクグル)のみんなのおかげだと思います。
 私たちのグループは勉強があまり得意ではない人が集まったグループでした。初めのころは勉強時間と勉強量が一番少ないグループでした。ですがグループで具体的な目標を掲げ、テスティバルでインスパイア宣言をしたことで、最後まで頑張り続けることができました。そして、グループ全員が第一志望の高校に合格することができました。宿題が多く、大変なこともありましたが山王に入ったおかげで合格することができたと思います。本当にありがとうございました。

村瀬日向さん
東海南高校合格 

私が東海南高校に合格できたのは山王学院に入塾したからです。そして、ここまで支えてくださった家族や先生方のおかげです。山王学院の鬼の特訓は夏から本格的に始まります。夏期講習の予習の範囲がとても多いです。

こんなに沢山を学校の宿題をしながらやっていくのかとはじめは思いましたが、何か課題を出されたほうが私は勉強がはかどるタイプだったので自分にあっていたと思います。言われたことが入試のすべてだったと終わった今、実感しています。もっと確実にテキストをやりこめていれば自信を持って合格発表の日を待つことができたと思います。
 4月から中学3年生のみなさんは、1年後悔しい思いをしないように今から全力でがんばって下さい。


大岩怜生さん
東海南高校合格 

私は夏期講習から入塾しました。正直、第一志望の高校は、実力と内申が全然足りず、学校の先生からは、「二学期が勝負です」と言われ、受験に向けて夏休みで200時間やる!と目標を定め、

毎日勉強をがんばり、分からないところや自分の考えが合っているかなど不安なときは、塾の先生に聞き、何度も解き直しをしました。そして二学期になり、私は定期テストに向けて、今まで通りの方法で勉強しました。5科も4科も前に比べなかなか点数が伸びず、下がってしまった教科もあり、内申も上げないといけなかったのに、3つも下がってしまいました。冬休みは、V特訓のテキスト、冬期講習の予習・復習を取り組みました。3学期になって、塾の先生にテスト週間の勉強の方法をこうした方がいいんじゃないと教えてもらい、今までとは違う方法で取り組みました。テストはいつも以上にすらすらでき、内申を4つも上げることができました。しかし実力がなく、予想問題では受験前まで合格点を1回くらいしかとったことがなく不安で一杯でしたが、友達と励まし合い、そして塾の先生のサポートのおかげで最後まであきらめずに頑張ることができました。第一志望に受かることができてよかったです。


都筑創太くん
東海南高校合格 

僕は二学期中間テストが終わった頃に、このままでは自分の志望校に届かないと思って入塾させていただきました。入塾して右も左も分からなかった僕をあたたかく迎え入れてくれた仲間のおかげで学力を一層高めることができました。

そのおかげもあり、二学期期末テストでは学年一桁に入ることができました。山王での授業が予習となり、学校での授業が復習という形で勉強を進めることができたのでより深く理解することができ、頭の整理がとてもしやすかったです。塾からいろいろと教材をもらっていたおかげで暇な時間ができず、ずっと勉強をすることができました。僕は家で集中できる環境を作るためにスマホを一ヶ月間友人に預かってもらい、ゲーム機も隠してもらいました。ほぼ苦痛を強いられる毎日でしたが、自分で自分を追い込んだのと、塾のおかげもあり第一志望に合格することができました。この受験生活を通して僕は日々努力を続けていくことの大切さを知ることができました。僕はこの塾に入って本当によかったと思います。楽しい日々をありがとう!

半田東高校

犬童健斗くん
半田東高校合格

 私は半田東高校教育コースに合格しました。この合格は山王学院でのチームがあったからこそ合格できたと思っています。私が一番印象に残っているのは、V特訓です。私は、数学がとても苦手で、1年生や2年生のときからずっと苦労してきました。

しかし、V特訓ではとても数学が分かりやすかったのを覚えています。また英語の長文をV特訓でがんばったこともよく覚えています。英語の長文が苦手だったので、しっかり予習を行なってきました。予習はとても大変でしたが、入試前だったのでがんばることができました。合格できたのは、山王の先生方のおかげだったと思います。数学は先生が入試はこうやって点を取ろう、と作戦を考えてくれました。それが実って本当によかったです。私は山王学院に小6から通ってきましたが本当に山王学院でがんばってきてよかったです!後輩のみんなも日々努力してがんばってください!

刈谷高校

土井菜月さん
刈谷高校合格

 私が山王学院に通い始めたのは、中学3年生の2学期頃でした。当初は、グループのメンバーに圧倒され、合格Vテストのたびに自信をなくしていました。

しかし、その悔しさと「グループのみんなと一緒に第一志望校に合格するのだ!」という思いをバネに、精一杯の努力を重ねました。意志の弱い私がここまで頑張ってこられたのは、グループのみんなの存在があったからです。同じグループのメンバーと、こういった環境をつくってくれた山王学院の先生方には、本当に感謝しています。刈谷高校は私にとって、とても高い目標でした。だから、頑張ってはいたものの、志望校のレベルを下げようかと考えたことも少なくありませんでした。それでも、自分の努力を信じ、グループのみんなも頑張っているのに、ここであきらめたくはないと強く思い、志望校は下げないという決断をしました。そして、憧れだった刈谷高校に合格することができました。今では、努力してきてよかった、あきらめなくてよかったと、心から思います。これからの受験生の皆さんには、自分が後悔しない努力と決断をしてほしいです。応援しています。

千種高校(国際教養科)

澤田真優さん
千種高校(国際教養科)合格

 私は夏休みの体験入学でいくつかの高校をまわりました。その中で1番自分に合い、入学したいと思える高校が千種高校でした。千種高校には国際教養科があり、好きな英語を「得意」と胸を張って言えるようになりたくて、第一志望校にしました。

 1学期に内申を落としたため、私は2学期に頑張るしかありませんでした。でもやってもやっても思い通りにはいきませんでした。私は公立高校も私立高校も行きたくない高校を受験したくありませんでした。2学期はとてもつらかったです。でも、そのつらいながらも何とか内申を上げることができ、少しだけどそれが自信につながり、2つの私立高校の合格を手に入れることができました。またその2つの合格が、小さな自信となり、私の中で小さな安心にも変わりました。千種高校国際教養科にもし落ちても、第二志望校の私立高校は合格していると心を落ち着かせ、神様に祈りながら毎日机に向かっていました。
 ここまでくることができたのは、私の力だけではありません。家族、塾のおかげです。先生方、本当にありがとうございました。やめようと思ったこともあったけど、続けてきて良かったです。今日笑顔になれてよかったです。

お問い合わせ