半田校

青柳涼大くん
横須賀高校合格 

 ぼくは、中学3年生の夏から山王学院に入塾しました。はじめは、塾に入るくらいで成績が上がるのかと半信半疑でしたが、山王の先生の授業は面白くて分かりやすく、苦手だった社会や英語も先生のおかげで社会は年号を暗記、英語は読解力

アップなど、成績は大きく上がりました。そのおかげで内申もかなり上がり、横須賀高校に挑戦できるようになりました。
 山王学院での半年間はやることも多く、今まで勉強をサボり気味だった自分にはきついものでしたが、そこで得られたものはとても大きいと思います。横須賀高校に合格して大きな喜びを味わえたのも、山王学院のおかげだと思います。

鈴木大貴くん
半田高校合格

 私は半田校で先生方の熱い指導の下、頑張り続けることができました。私は3年生の夏休みのとき、カナダへ海外派遣体験事業として行きました。そして帰国後のテストでも良い点数が取れました。そんなうれしいことが続いたため、私は浮かれて

しまい、宿題すらまともにやらず、土日特訓時の合格Vテストでは悪い点数を取り続けていました。自分でも薄々危機感を感じてはいましたが、自分のやる気スイッチがなかなか入らず、だらけた生活をしていました。そんな自分に喝を入れてくれたのが山王の先生でした。久しぶりに怒られたことで、このままではまずいなと思い、ノートに語句をまとめるなど、とにかく頑張りました。最後の一週間は理科の暗記に努めました。そのおかげか入試では最高得点をマークできました。ありがとうございました。

秋葉大聖くん
半田高校合格

 山王学院での夏期講習で行うグループ学習が僕にはとても役に立ちました。同じレベルの友達と勉強を教えあうことができ、自分の苦手を克服することができました。それだけではなく、山王の先生はわからないところがあれば分かるまでずっと

教えてくれるので勉強についての疑問をすべて解消できました。また、授業の内容も分かりやすく、とても楽しいのですんなりと頭に入ってきます。山王の先生はみんな本気で塾生全員を第一志望校に合格させようと授業をしてくれるので自分も受験に対して本気になることができました。僕の第一志望校は半田高校でしたが、3学期の時点で内申点がかなり足りていなかったので、僕はあきらめかけていました。しかし山王の先生に「まだあきらめるな」と言われ、最後まであきらめずに先生や友達に分からないところをいろいろ質問したりしながら、努力し続けることができました。合格したときは本当にうれしかったです。山王でお世話になった先生方に感謝しています。受験生活は大変ですが、合格したときの喜びはそれをはるかに上回るほどのものです。だからこれから受験をむかえる人は勉強をがんばってください。

西村拓也くん
横須賀高校合格

 僕は山王の授業の中でも特に夏の合宿が印象深い思い出として残っています。理由はやはり、次の日がテスティバルだということで一人ひとりが緊張感を持って取り組めたからです。授業も非常にピリピリとした雰囲気に包まれていました。特に数

学の授業では、問題が出されるたびに先生が直々に採点しに来て、次々と正解する人が増えていくにつれ、自分は解けずに終わってしまうのではないかと心配になることもありました。また、国語では、要約作文の書き方を教わりました。先生はしっかりとみんなのペースを把握して解説してくださったので、僕は夏の合宿以降、かなり要約作文が得意になりました。今年受験生になる山王生のみなさんには、夏の合宿は仲間と競い合う良い場になると思うので、テスティバルを含めた2日間、存分に頑張ってほしいと思います。

武豊校

森田康提くん
半田高校合格

 「本校に合格」という文字を見た瞬間、うれしさがこみ上げてきました。一年前、半田高校に合格という目標を立て3年生がスタートしました。塾で毎回行う確認テストは、とても役に立つことをコツコツ覚えることができ、塾での授業もいろいろな覚え方を教えてくれたので、とても楽しく通えまし

た。本当に山王学院に入塾してよかったと心からそう思います。僕は英語が苦手で、初めは入試問題が思うように解けませんでした。でも、ディクテーションを行ったり、音読したり、基本を復習したり、トリプルSをやったりして、自分のできることをやりました。始めは、「これかな!?」みたいな感じで解くことが多かったのですが、先生のおかげもあって、なぜそうなるのかということを理解して解くことができるようになりました。先生がおっしゃっていたように、英語は日々の積み重ねが大切だと思いました。高校に進んでも、コツコツ積み重ねることを大切にしたいです。

稲垣陽太くん
半田高校合格

 僕が印象に残っているものの1つは、夏期合宿です。夏期合宿では、同じ志望校の人たちと一緒に授業を受け、全員で過去の愛知県の問題を解き、順位がつきました。この夏期合宿では、今の自分のレベルや普段は会うことのない他校舎の人たちがどのように勉強しているかが分かりました。僕

はこの合宿で「このままじゃダメだな」と思い、がんばることができました。危機感を持って自分のライバルたちを実際に見ることができてよかったです。2つ目はBグループの入試が終わったときのことです。思うように得点が取れず落ち込んでいたました。ですが先生に「どうなるかわわからない。一喜一憂するな。」と言われ、Aグループもがんばろうと思うことができました。そのおかげで、次のAグループでは高得点を取ることができ、最終的には第一志望校である半田高校に合格できました。先生にはとても感謝しています。受験で何かあったときに助けてくれるのは、受験のことをよく知っている先生方です。本当に山王に入ってよかったです!

堀崎朋花さん
横須賀
高校合格
 私は1年生のときから、社会の歴史が全くできませんでした。1・2年生のときは違う塾に通っていましたが、実力テストで思うような結果を出すことができず、とても悩んでいました。そして歴史をできるようにするためにどうやって勉強したらいいかわかりませんでした。3年生になって山

王学院に入塾し、先生から「トリプルS」を渡され、この年号を覚えなさいと何度も言われました。家でトイレに入っているときや、寝る前の10分間など時間を決めてコツコツがんばっていました。がんばっているはずなのに、全県模試で結果が出ないときは、あきらめそうになったこともありました。しかし、先生に本気で勉強すること、同じ高校を受けるライバルはもっと上にいる、など声をかけてもらい、最後まであきらめずに取り組むことができました。そして、入試本番では、今までで最高得点の18点をとることができました。山王学院に入って、本気でがんばってよかったな、と思いました。

用下遥也くん
東海南高校合格

 僕は3年生の5月から山王学院に入りました。山王に入って最初の印象は「分かりやすい」です。前の塾ではあまり国語はやらなかったのですが、山王では毎週国語があり、とても助かりました。山王で言われたことをやれば、絶対合格するので安心して山王の先生についていってください。特に自分がやる気になれたのがテスティバルで

す。自分の実力と周りの実力が分かり、どれくらい勉強しなければならないかを知ることが出来ました。たとえそこであまり点数を取ることができなくても、それからの努力で十分取り戻せます。みなさんもあきらめずがんばってください。また、赤い恋人(トリプルS)はとても便利なので、覚えましょう!

田中翔大くん
東海南高校合格

 僕は山王に入る前は中の上くらいの成績でした。しかし、山王に入ってからは上位に入るのが当たり前になりました。僕は特に英語が苦手で、平均点がとれないこともありましたが、山王に入り順位も点数もとても上がりました。正直、夏休みから受験まで勉強でとても大変でした。宿題がたくさんあり、授業時間も長く大変で

した。しかし、自分の実力がどんどん上がっていくのも感じました。続けて勉強していくことが、とても大切だと学びました。辛いときもありましたが、続けてよかったと思います。山王学院に入る前は、東南に入れる実力は全くなかったのに、山王に入って東南に行けてよかったです。

乙川校

久野七海さん
半田高校合格

 山王の授業で習ったことがとても役に立ちました。最初はあまり解けず、ピンと来なかったのですが、受験前になってようやく「こうゆうことだったのか!」と理解することができました。また、土日特訓や、テスティバルを通して何度も順位が確認できることで、全体の中で自分がその時にどのくらいの位置にいるかというこ

とがとても分かりやすく、刺激的でとても良かったです。入試に向けての勉強では、2月まで数学の問題に手こずり、得点も安全圏とは言い難い状況でしたが、先生の的確なアドバイスを受けたことで、自分が当日に数学で取るべき点数を理解し、本番では焦ることなくしっかり点を取ることができました。とてもうれしかったです。また、何度も入試対策の問題を解いているうちに、解き方のポイントもはっきり理解することができました。
 合格発表は山王の子と一緒に見たのですが、私も友達も良い結果でとてもうれしかったです。入試対策は大変だったけれど、合格できて、頑張って本当に良かったと思います。

岩田大和くん
半田高校合格

 僕は3年生の夏期講習から山王に入りました。しかし、その時期には半田高校に入学できる程の力はついていませんでした。そこから夏期講習・通常の授業・冬期講習・土日特訓を通しとても力がつき、合格へだんだんと近づいているという実感

を持つことができました。僕は英語が初めはあまり得意ではありませんでした。しかし、合田先生の言うとおりにディクテーションをしっかり行い何回も聞くようにしたら、英語がしっかり聞けるようになりました。また並行して、英語を学校では習わないレヴェルまで深めて教えてくれたお陰で、英語が不得意科目から得意科目と言えるようになりました。
土日特訓では課題などが多く、難しかったりして大変だったけれど、それをしっかりやることで確実に実力をつけることが出来たと思うし、定期的にある山王模試などで順位が出たりするのは、とても刺激になりました。半田高校に合格できてとても嬉しいです。

村山晃輝くん
半田東高校合格

 僕は半田東高校に合格しました。受験勉強を通して感じたことは、「大変だな」ということです。それは、定期テストとは違って、受験勉強は1年生から3年生までの3年間に学んだ全てのことを復習し直さなければならないからです。また僕は自分

から勉強をするという癖がついていなかったので、自分から机に向かって長時間勉強することがすごく苦痛でした。しかし、合田先生からのアドバイスである、学校から帰ったら少しの時間机でも勉強するということをするうちに、自然と勉強に対する苦痛がなくなりました。それからは、長い受験勉強を集中してやり切ることが出来ました。そして、僕が受験勉強を通してもう一つ感じたことは、内申点がとても重要だと言うことです。僕の希望した高校はいずれも内申点を2倍にします。僕は内申点が不足して高校のランクを下げてしまったので、内申点があるということは高校を選ぶうえでの選択肢が増えるということだと今本当に実感しています。自分の夢は医師になることなので、受験で身に付けた勉強習慣を高校でもしっかり守り、夢を追い続けていきたいと思っています。ありがとうございました。

巽ヶ丘校

大秋一輝くん
旭丘高校合格

 僕は、旭丘高校に入るために、この一年間いろいろなことをしてきました。なかでも強く印象に残っているのが、夏の授業です。たくさんの宿題が毎日出され、夜遅くまで勉強し、朝早く起き、眠気に耐えながら授業を受け、とてもつらい日々でした。頑張ったのにもかかわらず夏の全県では旭丘の合格率は60%ちょっとでした。こんなにつらいなら志

望校を下げてしまおうと何度も思いました。しかし、「途中で志望校を変える奴は、この先の困難からも逃げる。」という先生の言葉を思い出し、逃げるなと自分に言い聞かせ、最後まであきらめませんでした。その結果、旭丘高校に合格できました。なので、僕が後輩に言いたい事は、どんなにつらくても自分が決めたゴールをあきらめないでほしいという事です。先生は無駄なことはしないので、先生を信じて、最後までがんばってください!

大岩玄季くん
明和高校合格

 僕は県内でもトップクラスの明和高校を受験しました。思えば6月の頃は、明和合格というのは夢のまた夢でした。しかし山王で学ぶことで、夢を目標に、そして現実にすることができました。


 授業では、なぜこうなるのか?という物事の根本を理解し、それを生かして問題を解くテクニックを身につけることができました。例えば、英語ではなぜ比例の文がこの形になるのか?という根本を、数学では知識を応用して難しい関数の問題を解くテクニックを得ることができました。実際に入試を解いてみると、山王で培ったスキルを生かして解く問題がたくさんありました。意味あるの?と半信半疑で暗記した社会の統計資料も、年号も、本当に役に立ちました。毎日の積み重ねが大事だと実感しました。
 この一年受験勉強をやり切ることができたのは、親、友達、先生など、みんなのおかげです。「受験は団体戦だ」という言葉を馬鹿にしていた僕ですが、競いあえる友達がいたり、筆記試験の自己採点後不安になっていた時に先生からの「受かるでしょう」の言葉が心の支えになったりと、いざという時周りの人が助けてくれます。後輩の皆さんもすばらしい友達、先生がいる山王学院で第一志望合格を掴み取って下さい!

橘颯人くん
半田高校合格

 僕が半田高校に合格できたのは、山王学院に入っていたからだと思います。僕は中学2年生の冬期から山王に入塾しました。それまでは、塾はとにかく勉強をさせられる場所、と思っていました。しかし違いました。山王は授業やテストもあり、

大変でしたが授業が細かく、「これは毎年のように出題されているから重要」「高校でも必要な知識」など重要な点もしっかり学ぶことができました。最初は不安でしたが、授業はとても楽しく最後まで受けることができました。
 僕が山王の行事で1番思い出になったのが、夏と冬に行われた、「テスティバル」です。過去問を実際のように緊張した雰囲気で解き、今、自分がどの位置にいるのかがハッキリと分かりました。夏の合宿では志望校でクラスを分けて授業を受けました。細かい指導で理解を深めました。冬は各教科主任の先生より、今年度の入試で出るであろうパターンを教えていただきました。
 このように山王学院での授業やイベントは、とても自分のためにもなりました。山王学院で学べて良かった、と思っています。

山本佳奈子さん
半田高校合格

 私は山王に通っていたおかげで半田高校に合格できたのだと思っています。1番は第一志望校合格へのやる気を出させてくれたことです。3年生になっての高校進学説明会ではみんなではちまきを付け気合入れをしたり、テスティバル冬の陣では全

員で絵馬を書いたり、毎回の授業の最初に平田先生が話をしてくれたりと、定期的にやる気をあげてくれるようにしてくれたことで、1年間半田に行くために頑張ることができました。
 そして、私が1番活用したのは数学のVノートです。私はとても数学が苦手でした。なので、合格Vテストで自分ができなかったところをVノートにまとめることで、数学のいろいろなパターンなどが分かりました。そして、ルーズリーフでまとめることで、学校などでもすぐに確認することができました。私の場合、合格Vテストでできなかったところだけでなく、普段の授業でできなかったところもまとめていたので、最終的には私だけの1番の参考書になりました。そのおかげでB日程当日、数学は今までで1番良い結果を出せました。
 山王学院の先生方、友達がいてくれたおかげで念願の半田高校に合格することができました。本当に今までありがとうございました。

竹内香乃さん
半田高校合格

 私は中学校に入った時からずっと半田高校に入るのが夢でした。この夢は一度も変えたことがありません。その中でも特に入りたい!!と思えたのは、山王の夏合宿を終えた後です。私は合宿では一番上のFクラスで授業を受けました。その頃は今

よりも全然数学ができず、ついていけるかすごく不安でした。案の定、実際授業を受けてみると、山王の上から30位くらいに入っている人たちの集まりだったので、私がまったく分からない問題もみんな正解しているという状態でした。Fクラスには半田志望が大半だったので、自分が全くできないことがすごく悔しかったです。それをきっかけに数学をすごく勉強して、以前よりもたくさん解けるようになりました。でもそれは私だけでなく、塾の先生がすごくサポートしてくれたからです。本当に山王でよかったです!!ありがとうございました。

江崎七海さん
横須賀高校合格

 私は、中学3年生の夏期講習の時に転塾してきました。それまでの私の順位は3年生にもかかわらずとてもひどいもので、私は志望校を下げなければならないのかと思い、私も母も必死になっていました。そんな時に山王学院に出会いました。初め

て塾へ行った時に、先生から、「本当に行きたい高校はどこか」を聞かれ、現状ではとても手の届かない横須賀高校と言いました。しかし、前の塾では東海南も頑張らないといけないと言われていて、横須賀なんて口にしたこともなかったのでとても心配でした。でも、先生が「今からなら間に合う」と言ってくれて半信半疑ながら講習を受けると本当にありえないくらい理解できました。私は内申もかなり足りなかったので定期テストの前にはしつこいくらい質問をし、そのおかげか最高順位・内申も取れました。私は入試を受ける時には内申が足りなかったにもかかわらず、夏期から身に付けた実力で、手の届くことはないと思っていた夢の横須賀高校に合格できました。塾は色々大変なこともあったけど、しっかりやってきてよかったと思いました。

宮池校

沖洲脩斗くん
半田高校合格

 僕は、小6の冬の中学準備講座から入塾しました。最初は、母の友人に勧められて、山王に入塾することになったので、どんなところだろう?友達できるかなぁ?といったことを考えながら宮池校に来ました。今思えば、これが僕の人生のターニングポイントとなりました。宮池校のみんなや先生方は、良い人ばかりで、いろん

な意味ですばらしい団結がありました。このようなすばらしいメンバーに会えたことも、僕にとっては最高のプレゼントとなりました。とくに印象に残っているのは、3年生の時だと思います。みんなで合格するという目標のため、夏合宿、夏期講習、冬期講習、年末年始特訓、テスティバルなどを共にがんばりました。時には、先生に怒られながらも、こうしてみんなで合格できたことは、すごくうれしかったです。僕は、2月の終わりごろ、志望校の変更をしようかと迷っていました。当日点を高い点数で取らないと落ちる、、、、そのなかで先生は、僕に「お前なら絶対合格できる!」と言ってくださいました。僕はそれであきらめずチャレンジをし、合格することができました!ありがとうございます!そして、宮池校、本当にありがとう。3年間お世話になりました。

山下大輝くん
半田高校合格

 僕は部活に所属しない分、周りの人たちよりも勉強する量を多くしていました。しかし、それがなかなか開花せず、学校の定期テストでは毎回微妙な点数を取ってきてやる気もだんだんと失せてしまいました。しかし、中1の冬から山王学院に入って一生懸命勉強し、山王の先生方のアドバイスをたくさんもらってまただんだ

んとやる気が出るようになりました。3年生になって、受験生という意識が高まっていき、夏まで友達と一緒に勉強したりして一段とするようになりました。夏からは基礎知識として、暗記物が多くなりました。人に教えることでより理解が深まるということで、夏期講習中に行ったグループ学習で、より知識の定着をすることができました。冬になって私立対策が始まり、最初は難しく全くわからなかったのですが、山王の先生方が丁寧に教えてくださり、理解することができました。辛い講習でしたが、今となっては先生方にとても感謝しています。3年間必死でがんばって志望校へ行くことができてとても嬉しいです。合格発表の時に山王の先生と抱き合ったのは今でも覚えています。これから受験生として勉強するみなさんは、勉強をすれば必ず力になります!ぜひ第一志望校への切符をゲットしてください!

渡辺健人くん
横須賀高校合格

 自分は本当の第一志望校に合格した訳ではないので、合格した時の喜びはありましたがそこまで大きくはありませんでした。志望校が変わった理由は気持ちの迷いでした。ギリギリまで決めることができず結局先に提出してしまっていた志願書の高校を受験することになりました。最初は複雑な気持ちでしたが、今はもう後悔は

していません。一緒に同じ高校を目指していた友達が、結果として違う志望校に行くことにはなったが、次同じ所に行こうと言ってくれたからです。これから受験をする人、進路についてとても迷う事が出てくるかもしれません。そうしたら思う存分悩んで下さい。そして、最後は他の誰でもなく自分で決めて下さい。また、自分の実力じゃあなと思っていても諦められない人、諦められないなら「一度その高校に行く!」と決めて、決めたらそれを変えずに目標を達成できるようにして下さい。ありきたりですが誰もが通る道だと思います。がんばって下さい。

髙橋知華さん
横須賀高校合格

 私は受験をなめていました。中3の夏まで入試の仕組みやレベルを分かっておらず、自分なら目標の高校に入れるだろうとあまく見ていました。でも、実際に全県模試を受けてみると点数が全く取れず、今のままでは合格の「ご」の字すら見えない地点にいました。このテストを受けて自分のレベルの低さを見せつけられまし

た。この時からちゃんと勉強しようと決意しました。しかし、何から手をつけてよいか分からずダラダラと夏休みをすごしてしまいました。そんな時に手をさしのべて下さったのは宮池校の先生方でした。私の成績が伸びなかった時に相談にのっていただき、適切なアドバイスをくださいました。また、苦手な歴史を徹底して教えてくださいました。二人の先生がいたから、受験が終わる日までめげずに勉強できたのだと思います。私は先生型に感謝しかありません。この感謝を第一志望に合格して伝えられたのなら良いなと思います。

渡辺理紗子さん
東海南高校合格

 山王の先生を信じてきてよかった。それが、今私が思うことです。だらだら勉強をしてきた私を変えてくれたのは合宿です。自分と向き合うことができたし、全力で勉強に取り組むことができました。私を大きく変えてくれたのは、TESTIVALの時の色紙の先生方のコメントです。「無理」とは言わず「必ずできる!」という強

い意志を持ってこれから全力で取り組んでいきなさい!というコメントや、「できる」と思いこんだら無敵だ!というコメント。先生方のコメントを読んで残り半年を全力で勉強してやると強く思いました。このときから、前の自分では考えられなかった自修室での勉強も始めました。しかし2月に、内申が下がったため、学校の先生と相談し志望校を名古屋南から東海南に変えました。とはいえ内申が低いため当日は最低でも70点は必要でした。そのことを宮池校の先生に伝えると「お前なら絶対受かる!」と言われました。その一言でとても自信がでました。入試が終わりドキドキしながら自己採点をしてみると77点!とっても嬉しく、こんなにもとれたのは山王の先生方のおかげだと思いました。みなさんも、自分や山王の先生方を信じて入試に挑んでください!春には大きな花が咲くよう願っています。

角谷啓太くん
半田東高校合格

 僕は、半田東高校を受験し、合格することができました。僕は全体的に勉強をすすめる中で、理系が苦手な分、文系でしっかり点が取れるように、文系に重点を置いて頑張りました。中3の合格合宿では、国語の要約作文をマスターし、それだけでなく苦手な数学の関数の問題も解けるようになりました。年末年始特訓は、1日

1教科を朝から夕方まで勉強するという過酷な授業で、僕は苦手な数学、理科、英語を受講しました。得意な教科は受けず、苦手な教科をのばす作戦で受けました。丸1日やった分、合格に向けての力がとてもつきました。残り2ヶ月までは全ての教科を勉強しましたが、残り1ヶ月は社会の年号などや英語の単語や熟語、理科の一問一答を、トリプルSを使い覚えるようにしました。また、入試直前本科授業や、社会担当の先生が入試の前に急遽歴史だけの授業を行ってくれ、直前にしてかなり知識を詰め込むことができました。先生達が最後まで教えてくれたからこそ半田東高校に合格することができたと思います。第一志望校である半田東高校に入れてとても嬉しいので、その気持ちを忘れずしっかり高校で頑張りたいと思います。

知多校

小島祐輝くん
旭丘高校合格

 僕は中3の夏、山王学院の夏期講習に参加しました。初めは夏期講習だけのつもりだったけれど学力が伸びるのを実感し、そのまま続けることにしました。
旭丘高校は山王学院に入った当時から少し興味がありましたが、あまり自信が持てなかったため、優柔不断な僕は、なかなか志望校を決めることができませんでし

た。しかし、夏期講習や冬期講習を経て、自信がつき、友達に誘われたこともあって旭丘高校を受験することにしました。
 受験勉強では、苦手な国語を克服するためにひとつひとつの問題を無駄にしないよう丁寧に解くことを心がけました。また、トリプルSなどで覚えた細かい事もしっかりと確認しました。これは実際の入試でも役に立ったと思います。合格発表の日は昨年のボーダーにわずかに届かなかったこともあり、とても緊張しました。そして掲示板を見ると結果はなんと「合格」でした。誘ってくれた友達も合格です。このときの喜びは一生忘れないと思います。
 僕の受験生としての一年は忙しい中でも、仲間と互いに高め合い、楽しむことができたよい一年でした。本当にありがとうございました。

幅田真史くん
明和高校合格

 僕は明和高校を冬から第一志望校として考え始めました。公立入試は、近年難しくなる傾向があり、とても心配でした。僕は私立の第一志望に落ちていたので、よけいに心配になりました。夏・冬と厳しい季節講習に耐えてきたというのを心の支えにし、必死に頑張りました。しかし、入試間近での公立高校入試対策のテストで

は、点数が伸びず全然、合格ボーダーに届きませんでした。やはり英語と数学の点数が安定しませんでした。英語は大問1の英作問題が苦手で、数学はケアレスミスが多く、高得点がとれずにいました。入試直前は、まず英語は指定された語句を見ずに自分で文の意味を考え、英文を作成する練習をしました。数学は大問1で毎回1点以上落としてしまっていたので、「最初の簡単な問題も最後の難しい問題も同じ1点だ」と切り換えてもう少し慎重に解こうという努力をしました。この結果、だんだん点数を伸ばしていけるようになりました。本番は90点以上取れなかったのが残念ですが、希望だった学校に合格できて本当にうれしかったです。今まで本当にありがとうございました。

前川楓斗くん
半田高校合格

 僕は半田高校に合格するまで様々なことがありました。山王学院に入り、僕は大きく変わることができました。最初、横須賀高校を目標にしていたのですが、先生から目標は高く持とう!と言われ,目標を半田高校にしました。今の自分ではどうせ受からないからと心の中では横須賀高校に受かればいいと思っていました。けれ

ど半田高校に行きたいという気持ちが日に日に強くなっていきました。成績がなかなか伸びずに苦しい時もありましたが諦めずコツコツと努力し続けました。冬期講習を経て、難しい問題が少しずつ解けるようになり、ぐっと成績があがりました。伸び悩んだ時期もあったけれど、諦めずに頑張り続けたら結果がついてきて気づくと勉強が楽しくなっていました。一人では決して合格することは出来なかっただろうと思います。先生方の熱心な指導や仲間の存在、両親の支えがあったおかげで僕は第一志望校である半田高校に合格しました。この一年は自分にとってかけがえのない良い経験となりました。

佐藤美澪さん
半田高校合格

 私は中3の夏休みから山王学院に入りました。まだ部活を引退したばかりで、受験生としての自覚がない私に山王学院の授業は本当にきついものでした。今まで私は、部活が忙しくてテスト週間以外に全然勉強をしてこなかったので、とても辛かったです。特に数学の点数が取れなくて苦労しました。私が本格的に勉強したの

は冬休みからだったと思います。学校の宿題と一緒に山王での授業をやっていくのはとても大変でしたが、身に付くことがたくさんありました。私は最初、横須賀高校を志望していたのですが、半田高校に通う兄の話を聞いて半田高校に志望校を変えました。安井先生はそんな私を応援してくれました。「決断した者が合格をつかみ取るんだよ。」と。とてもうれしかったです。両親には「難しいよ。」と言われていましたが、あきらめずにがんばりました。自分でもとてもがんばったと思います。先生から何度も「覚えて!」と言われていた年号はとても役に立ちました。とにかく、合格できてよかったです。でも、合格がゴールではなく、ここが自分のスタート地点だと思って、これからもがんばっていきたいです。

西尾健吾くん
半田高校合格

 僕は山王学院に入ったから半田高校に合格することができたと思っています。
中3の夏までは部活一筋で勉強は正直、二の次でした。しかし山王学院の夏期講習は、ほぼ毎日あるうえに内容も濃く、必死でやらなければいけませんでした。そんなハードな夏をなんとか乗り越えていき、秋が過ぎて何回か模試やテストをこなし

ていると自分の実力があがっているのが分かりました。そして冬休みの短いけれども充実した日々を過ごすことができました。1月の全県模試では、過去最高得点をとることができ、実力テストも今までで一番良い点数をとることができました。
 私立入試も公立入試もすべて合格することができました。僕が合格することができたのは山王学院で勉強することができたからです。第一志望校である半田高校に合格できて本当に良かったと思います。今までありがとうございました。

高木悠甫くん
横須賀高校合格

 「あ、受かった。」
落ちるとは思っていませんでしたが、今までにないような喜びを味わいました。入試のことを真剣に考えたのは、中3になってからでした。それまでも、入試のことを考えてはいたけれど、なんとなく他人事のように思っ

ていました。そのせいで、塾でのテストでなかなか上位に入れず、不安になることもありました。そんな中で「テスティバル」が僕の心に火をつけました。合格まであと11点必要という現実的な結果を見せつけられたからこそ、本気になれたのかと思います。
 そこから、毎日の学校でのテスト、塾でのテキストを解いているうちに、難問も解けるようになっていき、実力、自信を共に身に付けることができました。毎日支えてくださった学校の先生、僕には欠かせなかった塾の先生、そしていつでもあたたかく見守ってくれた両親に感謝しています。

河和校

稲生みなみさん
半田高校合格

 3年生になって、まだ春は受験についてあまり考えていませんでした。
夏期講習が始まり、いきなり予習がハードになってになって、受験がだんだん現実味をおびて見えてきました。さらに合宿で

他の校舎の人たちの実力を見て、かなり刺激を受けました。しかし、それでもエンジンがかからない時期があり予習がおろそかになってしまうこともありました。そんな状態で冬期講習を迎えてしまいました。自分の実力も実感できないまま、冬のテスティバルでもいい結果を残せず、その時はすごく落ち込みました。夏の時点での私のイメージでは、このころにはもう完璧にできている感じだったからです。
 しかし、私立入試で名城に挑戦して自信が持てるようになりました。実力は少しずつついていることに気づいて、それから受験まで精一杯努力しました。
 今年は倍率も低かったし、自信もあったので当日は緊張せずにできました。発表日は笑顔になれて本当によかったです。先生たちのおかげです。これから受験するみんなも頑張ってください。

家田侑さん
半田高校合格

 後輩のみなさん、「私じゃ無理だ」「僕は今の実力で入れるところでいいや」と言って第一志望を諦めていませんか?私は諦めてはいけないと思います。今からでも追い込むことができます。山王学院の先生や仲間と一緒に、最後まで諦めず第一志望をつかみとってください。

 私は、半田高校に行きたいと、ずっと思っていました。しかし、実力が全然なかった私は、半田高校に行きたいと口に出して言うのが少し恥ずかしいと思っていました。山王学院では、夏合宿、夏期・冬期講習、土日特訓など、自分の実力を上げ、闘争心を高められる講座がたくさんありました。予習や復習を大変だと思う時期もありましたが、しっかり勉強していくうちに1点、また1点と練習での点数が上がりました。そうしていくうちに「半田高校に行きたい」と堂々と言えるようになりました。本番の入試では、最初に練習で点数を出した時よりも25点も上がっていました。山王学院の先生や、これまで一緒に努力してきた仲間に心から感謝しています。ありがとうございました。

山本準くん
半田高校合格

 僕は3年の夏休みから受験勉強を始めました。そのきっかけとなったのが夏合宿です。そこで初めて他の校舎の生徒と一緒に授業を受け、そのレベルの高さに驚き、僕のやる気のスイッチがONになりました。

 受験で役に立ったのが「テスティバル」です過去問を解くことで、入試の難しさが分かり、周りの人のレベルを知ることができるので、自分の位置を把握でき僕はとても助かりました。
僕はこの受験を通して1つ学ぶことができました。

「受験は1日にして成らず」

 これから受験に臨む人は、この言葉の意味を考え、努力してください。

土井舞花さん
半田東高校合格

 私は、1年生の終わりに友達に誘われて山王学院に入塾しました。その時私は、普通科に行く気もなく、勉強する気もまったくありませんでした。ですが、周りの子が勉強をしていたり、授業が始まるとテストの予習をしていたりするのを近くで見て、私も塾に入ったからにはちゃんとやろうと決めました。


 私は英語がとても苦手でした。そして大嫌いでした。なので、授業の最初で行われる確認テストで落ちないようにと、テストの範囲が教えられたその日から、次の授業までの1週間、毎日少しずつ勉強していました。初めは1週間かけて覚えていた単語の数を、今では1日あれば完ペキといえるくらいに、覚えることができるようになりました。宿題をやってくる…当たり前のことを当たり前にやってくるだけで先生に褒められる。私はそれが嬉しくて宿題をやるという習慣が身につきました。そんな生徒1人1人をちゃんと見てくれていた高橋先生にはとても感謝しています。今では英語が大好きです。
 真剣に向き合えば、必ず先生も真剣に向き合ってくれます!!先生を信じてがんばってみてください!!第一志望校合格のために、全力を尽くし、先生や親、一緒に頑張ってくれる友達に感謝の気持ちを忘れず頑張ってください。

加藤朱里さん
半田高校合格

 私は、塾の予習を最初中途半端にやっていました。「めんどくさい」「遊びたい」などの理由からです。「勉強は自分のためのものだからやらなくていい」と思っていましたが、それは間違いだと気づきました。塾の授業料は親が負担してくれてい

ます。予習もなく講習に臨むのは本当に意味がないです。親が自分のために出してくれているお金を捨てるのと同じです。私はそれと同じことをしていたことを後悔しています。
 私は入試が不安で不安でしかたなかったけれど、先生に「不安になるのは勉強量が足りないからだ」と言われました。本当にその通りだと思い勉強をしました。第一志望には合格できたけれど、はじめからもっと勉強をしていたら、今よりもっと実力をつけて高校に合格できたとも思いました。高校入試がゴールではありません。高校に入ってからは中学のときの後悔をばねに、全力で勉強にはげみたいです!

石川悠介くん
東海南高校合格

 私は中学3年の1学期まで特に受験の準備などしていませんでした。1年の頃は少し真面目にやっていましたが、2年になると反抗期で徐々に勉強をやらなくなっていき、東海南どころか阿久比にも届かないほど内申点が大きく落ちました。その当時

の僕は、この数字に何とも思っていませんでした。とにかく遊ぶことしか考えていませんでした。母親からも何度か怒られたことがありましたが、まったく耳を貸さず最悪の状態でした。そして中学2年生の途中で僕は山王を一度辞めました。正直、この時の僕は山王に行っても成績が伸びませんでした。だから辞めました。
 3年になり、クラスが編成され新しい友達が増えました。その一人に自分と実力がほぼ同じで、一緒に努力できる人を見つけました。彼と競い合ううちに実力がお互いにつき、内申が上がりはじめました。この時再び母に塾に入らないかと言われ、再び山王に入りました。それから同じ塾に通っている彼と切磋琢磨しているうちに、内申は最も悪かった時よりも8つ上がりました。
 僕の場合始めるのが遅かったため、3年生では人一倍努力しました。成果は、塾の先生方のご協力、親などの支えがあってこそのものだと思います。結果夢にまで見た第一志望に合格することができました。本当に山王にはお世話になりました。

合格体験記 中等部

お問い合わせ